« 2006年のニュース(1) ヒルズ族盛衰記2 | トップページ | ヒルズ族盛衰記02 だまされやすい日本人 »

ワールドカップ敗退

ワールドカップサッカー日本敗退

 このブログは、国会新聞のブログなので、原則政治または国際向きのことを書くのであるが、まあ、今回は大目にみてもらってワールドカップについて。

 基本的に、今回の敗退は予想可能であった。期待が持てるとか、ブラジルと決戦とかマスコミも冷静でないサッカーファンもそのようなことをいっていたが、オーストラリアとの試合をみて、冷静に一時リーグ敗退を予想できないのはいかがなものか、と思う。
 私は、小学生のころサッカーをしていた。富士見ヶ丘サッカークラブという地域の小学校のクラブ活動でしかなかったが、しかし、関東大会で準優勝するなどなかなか評価された少年サッカークラブであった。あるとき、黒人と多くのテレビカメラが来た。その当時封切りになる映画『勝利への脱出』のプロモーションに来たペレという選手である。サッカーの神様といわれた選手で、世界十の憧れであった。ようするに、彼が関東大会準優勝の少年サッカークラブに教えに来たのである。もちろんプロモーション活動の一環である。
 そのときの指導は、いまだに忘れない。
「個人がうまくてもチームが下手ならば試合に負ける」
「シュートを打たなければ点は入らない」
 私のサッカーチームには、たしかにうまい人がいた。青木君、金田君、会沢君、そしてキーパーの寺島君。みなフォアードやミッドフィルダーといった役柄であったが、運動のできる小学生の特性としてわんぱくで、目立ちたがり屋であった。そのような雰囲気を察してか、まずチームの話をした。そして、キーパーまで全員が相手のゴールを目指すことを教えたのである。
 今回の日本はひどいものであった。みていてチーム全体が機能していないのが明らかであった。
 具体的には、ボールに群がるディフェンスでサイドやバックはがら空き。その間隙をつかれ、または頭を超されて簡単に得点を挙げられてしまう。また、全員でディフェンスに入ってしまうので、相手陣営にボールがいってもまったくつながらない。結局個人が持っていく以外に相手のゴール前にボールが行かないのである。
 パニック映画のエキストラのような日本人選手の動き。ボールが右に行けば全員で右に行き、左はがら空き。左右に振られてセンターが空いたところで中央からシュートを打たれておしまい。
 特に、日本の場合、先制点をとると逃げ切ろうとして守りに入ってしまうために、完全に攻撃できず、また多くの数でボールを追いかけて左右に振られるので、味方同志で邪魔になり、かえって相手のチャンスを増やしてしまう。
 まったくチームとして役割分担ができていないのである。
 今の日本企業もなにも、サッカーばかりでなく同じ構図を持っている。何か小さなそれでも目立つ事件に目が行き、本質的に問題となっていることや、重要なことを見落としてしまう。外野、観客は一時的に熱狂するが、それはサッカーのためでなく、自分のストレス発散のためでしかない。冷静に周囲を見回して本質的なことをアドバイスする人がいない。
 サッカーというスポーツを通しても、日本の欠点が見えてくる。

|

« 2006年のニュース(1) ヒルズ族盛衰記2 | トップページ | ヒルズ族盛衰記02 だまされやすい日本人 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/10658153

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ敗退:

« 2006年のニュース(1) ヒルズ族盛衰記2 | トップページ | ヒルズ族盛衰記02 だまされやすい日本人 »