« 鳩山政権構想五つの原則の検証 | トップページ | 鳩山新首相の国連外交・二酸化炭素削減公約と生活の変化 »

鳩山新内閣組閣

 誤字が多すぎるという指摘のコメントをいただきました。誠に申し訳なく思っております。言い訳はよろしくなく、私の不徳の致すところでございます。ただ、一朝一夕に直るものでもなく、今後とも、「頭の体操」を含めお付き合いいただければ幸いでございます。また、これら苦情は、遠慮なくコメントにおいれください。

鳩山新内閣組閣

 新しい歴史という見出しで、鳩山由起夫が首班指名された。9月16日午後のことである。これにより、羽田内閣以来の自民党以外の連立政権が発生することになるのである。選挙期間中より言われていたのであるが、それが実際に現実に起きた瞬間である。
  何よりもまず閣僚名簿である。

  ▽総理 鳩山由紀夫(衆院) (鳩山グループ)
 ▽副総理・国家戦略局担当相 菅直人(衆院)(菅グループ)
 ▽総務相 原口一博(衆院)(羽田グループ)
 ▽法相 千葉景子(参院)(旧社会党グループ)
 ▽外相 岡田克也(衆院)(無所属)
 ▽財務相 藤井裕久(衆院)(鳩山グループ)
 ▽文部科学相 川端達夫(衆院)(旧民社)
 ▽厚生労働相 長妻昭(衆院)(無所属)
 ▽農林水産相 赤松広隆(衆院)(旧社会党グループ)
 ▽経済産業相 直嶋正行(参院)(旧民社党グループ)
 ▽国土交通相 沖縄北方・防災・海洋担当 前原誠司(衆院)(前原グループ)
 ▽環境相 小沢鋭仁(衆院)(鳩山グループ)
 ▽防衛相 北沢俊美(参院)(羽田グループ)
 ▽官房長官 平野博文(衆院)(鳩山グループ)
 ▽国家公安委員長 拉致問題担当 中井洽(衆院)(小沢グループ)
 ▽郵政・金融担当相 亀井静香(衆院・国民新党)
 ▽消費者・少子化担当相 福島瑞穂(参院・社会民主党)
 ▽行政刷新会議担当相 仙谷由人(衆院)(前原グループ)
 
  あえて、自民党の内閣のように、閣僚の所属する派閥を記載してみた。民主党の場合、一人で複数の政策研究会に参加している場合があり、異論がある可能性もある。さまざまな新聞報道の中で最も大き下記方をされたグループに分類した。
  一目で気づくのが、民主党内の最大派閥小沢グループから一人しか出ていないことだ。また、反小沢といわれる野田佳彦のグループも全く見えない。
  この内容に関する評価は様々である。いずれにせよ、今まで野党として攻撃に回っていた人が閣僚として官僚を統制できるのかが最大の問題ということになるであろう。
 
  顔ぶれ、そして、其の実力に関して未知数でるために、内閣としての特徴をまず考えてみたい。鳩山内閣は、次官会議を中止し、同時に事務次官による記者会見を廃止した。この組閣に関しても15日に決めながら緘口令を強いて情報の流出を防いだ。今回の内閣は徹底した「情報管理内閣」ということができる。逆にいえば「言論弾圧内閣」ということが可能だ。その「言論弾圧内閣」を裏打ちするのが、鳩山内閣の第一の政権公約違反である「記者クラブ制度の廃止」をしなかったことである。
  2009年09月16日19時51分 / 提供:THE JOURNALで週刊朝日の山口一臣氏が書いた記事からそのまま抜粋する。
『上杉氏は、鳩山氏の代表就任会見でも同様の質問をした。それに対する答えは、
(前略)わたしが政権を取って官邸に入った場合、(質問者の)上杉さんにもオープンでございますので、どうぞお入りいただきたいと。自由に、いろいろと記者クラブ制度のなかではご批判があるかもしれませんが、これは小沢代表が残してくれた、そんな風にも思っておりまして、私としては当然、ここはどんな方にも入っていただく、公平性を掲げて行く必要がある。そのように思っています」
 小沢前代表、鳩山現代表がここまでハッキリと打ちだした方針を、一官房長官の平野氏が自らの保身のために撤回してしまっていいのだろうか。

 ついでに、これはわたしは現場にいなかったので、あくまで取材記者からの報告だが、民主党のマニフェスト発表会見でも同じ質問が確認されている。質問したのは、たぶんTheJournal執筆者でもある神保哲生さんだと思う(違ったらゴメンなさい)。質問者が、マニフェストに「記者クラブ開放」が書かれていないことを指摘した。それに対して、鳩山代表はこういう趣旨のことを述べたという。
「マニフェストは国民のみなさんとの約束です。記者会見にどなたでもお入りいただくというのは、記者のみなさんとのお約束なのでそこには書いてありません。しかし、その方針自体はなんら変わることはありません」

 会見に出席した週刊朝日の記者の話によると、鳩山代表がこの発言をしたとたん、場内にざわめきが起こり、マニフェストに対して批判的な質問が急に飛ぶなど、それまでの和やかな雰囲気が一変、険悪なムードになったという。なんだかなぁ......。

 そもそも、いずれも重要な記者会見でのやりとりであるにもかかわらず、新聞、テレビがいっさい扱わないことからして異常ではないかと思う。鳩山代表の就任会見はNHKが生中継していたのだが、ある民主党関係者が後日、わたしに明かしたところでは、こんな信じられない工作がなされていたという。それは、中継の時間中は上杉氏が質問の手をあげても指名しないという密約がNHKと現場を仕切る党職員との間でできていたというのである。なにしろ「密約」なので真偽のほどは定かでない。ただ、事実として、上杉氏の質問は中継されることもなく、新聞記事になることもなかった。

 わたしや上杉氏(やたぶん神保さんも)がこのことにこだわるのは、単にフリーや週刊誌記者だから、会見に出られないからといった次元の話でないことは理解してもらえると思う。また、わたしは新聞社の子会社で働く者として、記者クラブ自体の存在を否定するものではない。既得権を持った者が既得権を維持しようと努力するのも理解できないことではない。残念なのは、民主党の職員や藤井氏、平野氏といった幹部までが既得権者の利益代表となり、歴代代表の方針を握りつぶしてしまったことだ。「公開と公正」(オープン&フェアネス)は民主党政権にとっての魂ではなかったか。』
<以上抜粋>
 情報の管理は悪いことではない。しかし民主党の場合はその体質上、言論弾圧の実質的言論弾圧の風潮があることを指摘する。
『 最後に、この事件に関する民主党の対応である。民主党鳩山幹事長及び、後日会見を行った小沢代表は、離党者に対する議員辞職を迫った。
 そもそも、比例代表選挙選出議員の離党について、明確な規定が存在しないのは、先の憲法の不備と同様に問題である。比例代表制度は民主党という政党を支持し、その民主党が指名した候補が議員になるという制度である。その支持外して、離党し、別な政党を立ち上げるのはいかがかと思う。
 とはいえ、では議員活動をしている人物に対して議員辞職を迫るというのは、言論の弾圧以外に何者でもないであろう。ねじれ国会の運営ではないが、自分の思い通りにならなければ、最も過激な方法で相手を困らせる小沢執行部のやり方に、民主主義という理念とは異なる権威主義、封建主義的な考え方を感じる。それだけ、民主党は不安定で、常にどこかを攻撃していなければならない政党なのであろうか。
 そもそも、小沢民主党は言論を弾圧する政党である。小沢氏は講談社と週刊現代に対して名誉既存の訴訟をしているし、岡田克也副代表は自民党の職員に対して、自分が謝罪会見をした内容を書籍に書かれたことで名誉既存の訴訟を起こしている。いずれも第一審は敗訴している。(岡田議員に関しては現時点で高裁控訴中)
 自分でも認めて、謝罪会見をしている内容で、訴訟を起こすなど、あまり感心できる内容ではない。結局、それだけ「公人」としての自覚もないし、そのようなところに勢力を割くことができるくらい暇な野党ということであろう。
 公人としての自覚がなく、言論やマスコミを弾圧するということは、悪くいえば戦前逆戻りでしかない。それで良いのだろうか。』
 これは2008年9月4日の私の文書(ブログ)からである。「政界の小沢アレルギー、民主党分裂のドタバタ喜劇」とした文書は改革クラブに同調しようとした姫井由美子議員に対する留意工作(強要)などにおいてこの文書を書いている(もちろん私自身が書いたのである)。民主党における栄誉棄損訴訟の異常さなどをみても、実質的に反対意見を封鎖する体質を感じられる。
 事務次官会議の打ち切り、事務次官による会見の禁止、官僚情報の国家戦略担当大臣一元化、いずれも情報をすべて一元管理すると言うことであり、また官僚や党員などによる自由な意見や執行部批判を許さないというものである。そして、これが公約違反であることは間違いがない。まさに、大政翼賛会の再来であり、政府発表は大本営発表と同じである。
 これに否定的な意見の方もいると思うが、では、あえていうが、大臣だけの会見で、批判的な意見と調和した双方意見の発表が期待できるのか。民主党というイデオロギーに支配された公報以外出てこないのではないか。これで行政の中立化が期待できるのか。
 一方で、民主党の攻撃に弱い体質もある。要するに、批判にさらされて解答できるだけの研究がなされていないという事だ。すでに小沢傀儡や二重権力がささやかれている内閣であるが、小沢は、守りに弱い。何しろ二世議員である。同時に、密室主義で秘密主義である。結局、自民党政権よりも密室で何をしているか不透明な内閣が発生することになったのである。
 その上で、顔ぶれをみてみよう。思想的に、元経世会から社会党左派まで幅広い人材である。幅広い人材とは、必ずしもほめ言葉ではない。選挙という求心力でつながっているものの、政策面での統一性はない。逆に言えば、権力と利権に向かって動き出してしまう。このことは、布陣を決めた鳩山政権の性格そのものである。
 実際、16日にすでに、国家戦略と外務と官房長官の間で、主導権争いが繰り広げられている。ある意味では当たり前である。もともと、行政府の長である内閣は、官僚・官吏を束ねて行政を執行する事が本分である。にもかかわらず、官僚を束ねて基本政策を行うのが国家戦略とすると、支配をはずされる官房長官は仕事がなくなってしまう。またどこまでが基本戦略かわからなければ、国家戦略が外交などにも口を出してくる。「一元化」「政治による行政」といっていれば、その境目が難しくなるのだ。その調整ができなければ、当然に官吏は仕事を行うことができず、そして行政サービスは低下する。一時的な「子供手当」ばらまき以上の損失が国民を襲うことになる。
 政策面の統一性がない場合、この主導権争いは政策論や基本概念の差として内閣を直撃する。当然に、閣議なども決まらず行政の意志決定がままならない状態ができる。統一した意識を持つ小沢民主党の意のままに操られることになるのだ。小沢は、当然にそこまで計算していると考えられる。たとえば、国土交通相の人事。前原誠司が大臣であるが、副大臣に社民党の辻本清美、そして民主党でも前原と遠くなった馬淵が就任する。同じ省庁の大臣の中でも、基本思想が異なり意見の統一が難しくなるのだ。 
 政局優先で政策を置き去りにした付けを国民が被ることになる。はじめのうちは、自民党の否定で一致する。国土交通相では、ダムの建築注しなど公共事業の中止でよいかもしれない。しかし、一段落した後に、「日本をどのような国にするのか」というところで、意見が一致しない。当然に、その時点で、行政の意志決定が空中分解する。国家戦略と、行政刷新会議と、そして官房長官での意見の食い違いが、これら調整も困難にしてしまう可能性がある。
 根本的な問題は「これから決める」とした政治姿勢だ。政局中心で行ってきた内容が、今の内閣に現れてしまう。もちろん可能性にすぎないが、壮大な政局論の中に国民不在が見えかくれする。
  もちろん、このような内閣と政権を望んだのは国民だ。国民は甘んじてこれらの選択の結果を受けなければならないのであろう。政局やマスコミの無責任報道ではなく、自分で考えて「政策」を見てゆかなければならないのではないだろうか。

|

« 鳩山政権構想五つの原則の検証 | トップページ | 鳩山新首相の国連外交・二酸化炭素削減公約と生活の変化 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

【民主党】田中美絵子エログロ映画『盲獣VS一寸法師』でオッパイ丸見え恍惚の表情で悶えまくり!!

風俗ライターの過去が発覚した民主党・田中美絵子が「菊地美絵子」という名前で出演しているエログロ映画『盲獣VS一寸法師』でヌードを披露していることが新たにわかった。


http://minshutanaka.blogspot.com/


「あん摩師」を装った盲目の男の指技に酔いしれ、おっぱいをもまれて悶絶する彼女の姿がバッチリと映っており、小麦色の乳首さえも露わに・・・


http://minshutanaka.blogspot.com/


六本木方面のSM専門店でバイトをしていたという情報もある。
これからまた新たなモノが出てくる可能性も。

投稿: 【民主党】田中美絵子エログロ映画『盲獣VS一寸法師』でオッパイ丸見え恍惚の表情で悶えまくり!! | 2009年9月22日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/46248248

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山新内閣組閣:

» ヨン様来日 東京ドーム 冬のソナタ ぺ・ヨンジュン [ヨン様サイコー ペ・ヨンジュン祭り]
ペ・ヨンジュン ヨン様たおれる!でも無事退院 冬のソナタ [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 05時16分

» 斜め45度の女神 滝川クリステル・アナウンサー卒業 [斜め45度の女神 滝川クリステル・アナウンサー卒業]
フジテレビの報道番組「LIVE2009 ニュースJAPAN」 滝川クリステル・ [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 08時31分

« 鳩山政権構想五つの原則の検証 | トップページ | 鳩山新首相の国連外交・二酸化炭素削減公約と生活の変化 »