« マスコミ批判に関する一考(74) マスコミは仙谷由人発の大本営発表機関か! | トップページ | 金正日死去の報道と、民主党政府の情報収集力の欠如 »

日韓首脳会談の従軍慰安婦問題に関して韓国高官にインタビュー

日韓首脳会談の従軍慰安婦問題に関して韓国高官にインタビュー

 「ビジネスマンですから」
 出し抜けに、このようなことを書いた。18日の日曜日に、京都において日韓首脳会議が開催された。このブログをお読みの皆様はすでにお気づきのことと思うが、私は韓国の大統領府には、輪からな事を電話で聞ける相手がいる。その人に、日韓首脳会議に関する内容を聞いたとき、韓国首脳の李明博大統領の評価である。
 すでにさまざまな報道機関で報道されているように、日韓首脳会談の中心的な内容は14日に韓国の公道上、それも日本大使館前に韓国の市民団体が設置した従軍慰安婦の像の撤去の問題になった。李明博大統領は、ある意味で親日家でもあるし日本に関する理解が深い大統領である。もちろん、「親日家」という言葉には違和感を覚える方も少なくないのかもしれないが、実際「親日的」というのは、中国や他の国と比べた相対評価であり、韓国の大統領が自国韓国の国益を無視してまで日本よりの判断をするという事はありえない。要するに「親日的」という言葉の中には「韓国の国益のためには日本と敵対することもやむなし」という意味が入っている。日本人の多くはそのことをまったく無視してしまっているので、私がこのようなことを書いたときに「韓国人が親日的なはずはない」という話をするが、それは間違いである。
 さて、その従軍慰安婦の像。私が質問したのは「なぜそのような像の設置を許したのか」「李明博大統領は、なぜ第二第三の像ができると日本を脅迫するのか」「この問題の解決方法は何か」の三点である。私の友人は韓国にいる(李大統領の随行で日本にきていることはない)ということだから、国際電話が長くなると料金が高いので、この三点に絞って話をした。
 その前に、その前提となる日韓首脳会談について、今日は産経新聞の記事から。産経新聞は、このようなときに解説記事などをせずに、要旨だけを載せた記事もしくは会話の文字お越しを掲載していただけるので、非常にありがたく思っているのである。

事なかれ主義露呈?日韓首脳、前夜に異例の懇談

 来日早々、在日本大韓民国民団(民団)の会合で元慰安婦をめぐる問題の解決を日本側に求めた韓国の李明博大統領。18日の野田佳彦首相との会談でも大統領は同問題を取り上げるとみられるが、野田外交の基軸が問われそうだ。
 民団会合での発言を知ってか知らずか、首相は京都迎賓館で大統領を笑顔で出迎え、懇談に臨んだ。
 正式な首脳会談があるにもかかわらず、前日に懇談を行うのは珍しい。懇談は16日に突如設定され、両首脳の通訳だけが同席を許される事実上「一対一」のひざ詰めの場となった。
 異例の懇談は「未来志向の日韓関係」に影を落とす事態が次々と起きていることの裏返しでもある。
 韓国側は賠償請求問題を蒸し返し、反日団体は14日にソウルの在韓日本大使館前に「慰安婦の碑」を設置。日本固有の領土の竹島をめぐっては11月上旬に管理事務所建設計画が判明し、韓国国会議員主催のコンサートまで開かれた。
 いずれも首相が就任後初の外遊として10月中旬に訪韓した後の話で、日本政府の中止要請はことごとく「無視」された。それだけに、懇談を行うことで「首脳間の信頼関係を築く」(外務省幹部)必要があったようだ。
 慰安婦問題をめぐり民主党内には何らかの対応を求める意見もある。大統領発言を受け前原誠司政調会長は「お互いに知恵を絞り合い、問題を一歩一歩乗り越えていくことが大事だ」と語った。ただ、首相が「事なかれ主義」に陥った外交を行えば、将来に禍根を残すのは間違いない。(坂井広志)

配信元:産経新聞 2011/12/18 01:10更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/538852/

李大統領「第2、第3の像が建立される」

 【慰安婦問題】
 李明博大統領 日韓関係の障害となっている。この問題を優先的に解決する真の勇気を持つ必要がある。大きな見地からの政治的決断を期待している。
 野田佳彦首相 日本の法的立場は決まっている。決着済みだ。これからも人道的な見地から知恵を絞っていきたい。日韓関係全体に悪影響を及ぼさないように大局的な見地からともに努力することが大事だ。
 【慰安婦の碑】
 首相 在韓日本大使館前に慰安婦の碑ができたことは誠に残念だ。早期に撤去を求める。
 大統領 日本政府がもう少し関心を示してくれれば起きなかった。誠意ある措置がなければ(元慰安婦の)おばあさんが亡くなるごとに第2、第3の像が建立される。
 【竹島】
 首相 日本側が提起している困難な問題もある。
 【歴史研究】
 大統領 日韓歴史共同研究などを基に「共同教科書」を作ることができるよう期待する。
 両首脳 第3期の歴史共同研究開始で一致。
 【北朝鮮問題】
 首相 日韓米3カ国の連携が重要だ。非核化実現のために、北朝鮮の具体的な対応を求めたい。拉致被害者の一日も早い帰国が最も重要だ。
 大統領  拉致問題について協力を惜しまない。日本の立場に非常に共感している。
 【経済連携】
 首相 日中韓自由貿易協定(FTA)の共同研究完了を歓迎する。3カ国の投資協定妥結が重要だ。
 【安全保障協力】
 両首脳 日韓軍事情報の交換促進について協議。

2011.12.18 22:07 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111218/plc11121822090010-n2.htm

 さて、ここまで読んでいただいて、上記の私と韓国交換の会話の「要旨」をここでご紹介したい。
宇田川 「なぜそのような像の設置を許したのか」
韓国高官 設置の許可はしていないと思う。少なくともソウル市までは調べたが許可はされていない。最小行政区の設置許可もしくは口頭の黙認があった場合はわからない。ただし、許可をしていないということは、それだけ簡単に撤去ができるということである。日本がわの毅然とした撤去要求があれば、韓国はすぐにでも撤去できる。そのときに撤去の理由で李明博政権が倒閣されないように、あらかじめ許可を出さず、いつでも正当に法律に従って撤去できるようにしているのである。

宇田川 「李明博大統領は、なぜ第二第三の像ができると日本を脅迫するのか」
韓国高官 李大統領はビジネスマンだから、自分の所属するところがどのようにしたら儲かるかを知っている。韓国という国家は、現在非常に資金的に乏しい。特に中国に対して投資してしまったり、北朝鮮に送金したりとわけのわからない資金の海外流出があるから非常に大きな問題だ。至急にその穴埋めを行わなければならない。そのときに中国やアメリカと交渉するよりも、日本の政治家と交渉したほうがすぐに資金が調達できる。特に、民主党政権の中には、従軍慰安婦の代理人をしている法律家がいる(仙谷由人のことと推定される)。日韓基本条約があっても、そのような活動をしている人が政権の中枢にあるのだから、首相一人が何を言っても甘利意味がない。そのような人が政権中枢にいるということは、ひとつで脅迫しながら片方で情に訴えれば、いくらでも金が出てくることを意味する。それも借りるのではなく、返さなくて良いカネが来る。元従軍慰安婦個人に払ったとしても、税金でとることができるのだから、楽な話だ。民主党が政権の間に、「アメとムチ」を使って圧力をかければ、資金も財宝も領土も主権も何でも差し出してきてしまう。韓国が期待しないものまで勝手に帰ってくる。民主党の政権のように何もわからず、国を売る人が政権の座にいる間に、韓国は自国の国益を実現しなければならない。逆に言えば、日本はそれだけ韓国に出しても国がつぶれないほど発展しているという、うらやましいことでもあるのかもしれない。

宇田川 「この問題の解決方法は何か」
韓国高官 宇田川さんの意向では、当然に日本が日本の国益を実現するためにはどうしたらよいかということ。当然に、今回のことで、日本国内では反韓国のデモや主張が強くなると思う。しかし、韓国側の認識は、外交交渉の常識の範囲で少し強く出れば、過剰に反応して金を持ってくる、領土も差し出してくるのが日本の現在の政権である。土肥隆一という議員は韓国まで来て「独島(竹島)は韓国のものだ」という書面にサインをした。そのような領土を他国に渡す行為をしても、いまだに国会議員でいられる。韓国ならば殺されているであろう。このほかにも、岡崎トミ子という人は韓国まで来て日の丸を汚し、日本の悪口を言って帰った。その人が大臣をしている。日本人は、韓国が悪いというが、実際は日本の中にいる日本人が最も日本を馬鹿にしているではないか。韓国においても、当然に過激なことをすれば処罰をされるが、日本は処罰をするどころか、日本を悪く言った人が議員になり大臣になれる。韓国で反日の活動をしている人も、日本人が先頭に立ってやっているのだから、それも日本の国会議員がやっているのだから、字豚地は正しいことをしているということで勇気付けられる。どんどんと過激なほうになる。そして国論を形成してゆく。日本は、本当に国益を追求するならば、日本の中にいるこのような議員たちを追放または処罰すべきであり、そのような人が大臣になれないようなシステムを作るべきである。そうでなければ、韓国と中国は永久に韓国や中国の国益のために日本に圧力をかけることになるだろう。忘れてはいけないのは、その韓国や中国の国論の形成を日本人の国会議員が主導しているということ、そしてその人が政権にいるということだ。姦奥は彼らが政権にいるあいだ、「政権になる前に韓国に対して言ったことを実現しろ」と要求することになる。彼らを政権につかせたこと自体が、日本の国益にはならないし、韓国であれば本当に暗殺されることだ。日本では満足なデモも何も起きない。次の選挙で彼らが当選するようであれば、日本は永久にこの問題を解決する手段を失うであろう。

 いかがであろうか。もちろん、私は反論をしたが、しかし、日本国民の中の問題を指摘されれば、大きな問題である。韓国の高官ははっきりと最後にこういったのである。「世界で最も反日なのは日本である」まさにその通りである。これ以上の意見はここではやめておく。以後何かあるときに、またこの文章を引用することもあると思う。言いたいことはたくさんあるが、まあ、この辺で。
 今日のブログを見て考えさせられると思った方は、ご意見をいただければありがたいと思います。なお、このブログは、転載自由ですので、皆様のブログなどに貼り付けていただいてかまいません。

|

« マスコミ批判に関する一考(74) マスコミは仙谷由人発の大本営発表機関か! | トップページ | 金正日死去の報道と、民主党政府の情報収集力の欠如 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

宇田川さん

シェアさせていただきますよ。

投稿: 堀 恒一 | 2011年12月20日 (火) 09時59分

現政権の弱点がわかりやすく表れた話だと思いました。ただ日本では暗殺や暴動が、腐敗した政権を打倒するためであっても、肯定されない雰囲気に支配されています。アメリカのように抵抗権の行使を国として認めていない以上、平和的デモが選挙以外での民意の表明となるのでしょうが、今のところTPPや朝鮮王朝ギギ(携帯のためカナ表示)では効果が見られませんでした。もちろん政治家が気に入らないなら殺せとは言いませんが、かといって今すぐ国会議員の資格を停止する機関も実質的にありません。個人的にはドイツの闘う民主主義を例に制度を改めて設計すべきと思ったのですが、宇田川さんはどのようにお考えでしょうか。

投稿: たくや | 2011年12月20日 (火) 16時01分

貴重な情報ありがとうございます。

身につまされる高官の話しですね。

投稿: 鈴木 | 2011年12月20日 (火) 16時43分

姦奥って何?

投稿: 三太郎 | 2012年8月15日 (水) 13時52分

字豚地って何?

投稿: 三太郎 | 2012年8月15日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓首脳会談の従軍慰安婦問題に関して韓国高官にインタビュー:

» 「押されたら引く」国家からの脱却 [私的憂国の書]
朝鮮半島の北方面の話題が沸騰しているいま、話をその半島の南側に戻したい。 李明博大統領は、何故今回の訪日で慰安婦問題を提起したのか。 日本に対する強硬姿勢を明確に示すことで、レームダック化した...... [続きを読む]

受信: 2011年12月21日 (水) 11時23分

« マスコミ批判に関する一考(74) マスコミは仙谷由人発の大本営発表機関か! | トップページ | 金正日死去の報道と、民主党政府の情報収集力の欠如 »