« インドにおける日本人観光客のレイプ被害とリスクを報じないマスコミとリスクを調べない自己責任 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(232) また捏造!朝日グループの懲りない捏造体質の根源は何か »

宇田川版日本の歴史と日本の神々の「主人公」 第5回 庶民の講談が作り出した「水戸黄門」こそ庶民の望む神の姿

宇田川版日本の歴史と日本の神々の「主人公」
第5回 庶民の講談が作り出した「水戸黄門」こそ庶民の望む神の姿
 この連載も第5回目くらいになってくると、なんとなく形が決まってくるものである。
  初めに卑弥呼を行って「日本のシャーマン」の在り方について、
  二回目に源頼朝で「武士政治」の根本は天皇の権威を利用したものであったということ。
  第3回で織田信長を通して「日本の抜本的改革者」の庶民の目
  、そして、4回目で菅原道真で、「怨霊となった場合の対処法」を考えてみた。
  さて、第5回目は。
  5回目を取り上げるのは、「水戸光圀」である。
  水戸光圀といってもあまりピンとこない歴史をあまり知らない人に関しては、あえて「水戸黄門」といえば、少し前の時代劇ファンならだれでも知っているヒーローである。
  さて、今回取り上げたいのは、「実像」としての「徳川光圀」ではなく、庶民のヒーローの「水戸黄門諸国漫遊記」の「水戸黄門」を取り上げたい。
  要するに、今回は「実在の人物が架空の人物として庶民のヒーローになる・・・・・・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この続きはメルマガ「ジャーナリスト宇田川敬介の日本に関する話」でお楽しみください。
このメルマガは購読無料です。
こちらからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0001594599.html
よろしくお願いいたします。

|

« インドにおける日本人観光客のレイプ被害とリスクを報じないマスコミとリスクを調べない自己責任 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(232) また捏造!朝日グループの懲りない捏造体質の根源は何か »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/61134289

この記事へのトラックバック一覧です: 宇田川版日本の歴史と日本の神々の「主人公」 第5回 庶民の講談が作り出した「水戸黄門」こそ庶民の望む神の姿:

« インドにおける日本人観光客のレイプ被害とリスクを報じないマスコミとリスクを調べない自己責任 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(232) また捏造!朝日グループの懲りない捏造体質の根源は何か »