« 【土曜日のエロ】アメリカの雑誌「ペントハウス」が考える「女性に支持される有料女性ヌード写真」の「人間の性的な美しさ」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(317) 「想像して書いた」ということが通用すると思っている新聞社のずさんな記事構成とマスコミの無責任 »

【有料メルマガのご案内】  第12話 これから始まる民族独立の運動とテロリスト的過激思想の「本質」と「行き着く先」 4 主教型グローバリストのテロリスト集団

第12話 これから始まる民族独立の運動とテロリスト的過激思想の「本質」と「行き着く先」
4 主教型グローバリストのテロリスト集団
 前回は、「テロリスト」と言われる人々の中に、「旧植民地によって解消されてしまった王国などの復興」を考えていえる人々がいるということに関して述べました。
  単純に「イスラム教過激派」と言いますが、実際のところは「イスラム教」ということがくくりになっており、イスラム今日の「互助精神」が、勢力などの拡大になっているということでしかなく、その根本的な部分は、意外と違うところにあるということです。
  そして「アルカイダ」と言われて畏れられた「過激派」に関して、その内容を書いてみました。
  いかに、「アルカイダ」特に「ウサマ・ビン・ラディン」は、自らの出身地の王国であった「へジャージ」の復興を望んでいたということになります。
  しかし、そのことはあまり知られていないので、日本において「へジャージ」などと検索しても何も出てこないということになるのです。
  まさに、その状況こそ「イスラム教過激派」という集団に関して、いかに理解が進んでいないかということになるのではないでしょうか。
  イスラムは「イスラム教が過激思想である」というような誤解をずっと追い続けています。
  そのことは、今回の大統領選挙におけるトランプ候補の「イスラム教徒は出て行け」というような発言にも出てきますし、また、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<以下はメルマガでお楽しみください>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html
からお願いいたします

|

« 【土曜日のエロ】アメリカの雑誌「ペントハウス」が考える「女性に支持される有料女性ヌード写真」の「人間の性的な美しさ」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(317) 「想像して書いた」ということが通用すると思っている新聞社のずさんな記事構成とマスコミの無責任 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/64383706

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】  第12話 これから始まる民族独立の運動とテロリスト的過激思想の「本質」と「行き着く先」 4 主教型グローバリストのテロリスト集団:

« 【土曜日のエロ】アメリカの雑誌「ペントハウス」が考える「女性に支持される有料女性ヌード写真」の「人間の性的な美しさ」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(317) 「想像して書いた」ということが通用すると思っている新聞社のずさんな記事構成とマスコミの無責任 »