« イスラムがイスラムに対イてテロを働くようになった「テロリズムの変遷」を考えてみる | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第13話 2016年アメリカ大統領選挙と世界の趨勢を占う宇田川版「裏表両方解説」 3 大統領選挙を大きく動かした「中国」「フェイク」「ユダヤ」 »

【土曜日のエロ】 修学旅行中にデリヘルを呼ぶ教諭の「エロ感覚」と建前しか気にしない「教育委員会」の狭間

【土曜日のエロ】 修学旅行中にデリヘルを呼ぶ教諭の「エロ感覚」と建前しか気にしない「教育委員会」の狭間
 なかなか面白い事件だ。徳島県の小学校教諭が修学旅行中にデリヘルを呼んで、女性とトラブルになって警察に出頭したために、翌朝出ることができなくなったために、結局免職されたという事件。
  まあ、普通に言えば「修学旅行中にデリヘル呼ぶなんて不謹慎」というような感想になるだろうし、「最近の先生はなんていない」などという話になるのでしょう。まあ、もちろん、そのような話になるのが普通だし、私自身もそのように言うようにしている。しかし、そのような感想を出したら「土曜日のエロ」ではなくなってしまう。
  あえて言うが、「土曜日のエロ」という毎週一回のこのブログから考えれば、そんな話をしても面白くないし、物事の真相には近づけないであろう。今日は「批判覚悟」で、と言いながら、「エロ」の観点でこの事件ウィ見てみたいと思う。
  さて、単純に言っていくつかの考え方がある。まずは「修学旅行中の宿泊先の時間はプライベートなのか勤務中なのか」ということである。修学旅行中であってもプライベートであれば、別に「デリヘル」を呼んでもよいはずであり、そんなに問題にはならない。同時に「プライベート中に女性とトラブルになった」としても、そのようなことは少なくない。その都度すべて免職にしていては、とてもとてもおかしな話になってしまう。「女性とトラブルになった」などという話は、一般の会社員でも山ほどある。そんなことで皆さんも会社をクビになっていたら不満が出ることになろう。
  そもそも、先日別な記事で使ったが「ラブホW不倫の日教組委員長、雲隠れのち辞任…報道後は姿見せず」というような話もある。それならば、「不倫自体」で日教組委員長は「免職」されなければならないはずだ。なぜ、雲隠れで済んでいるのか、よくわからない。困ったものである。日教組というところは、この前提条件ならば階級主義で「差別主義」でしかないということではなかろうか。
  一方、その時間が「勤務中」という場合は「そもそもデリヘルを呼んだこと」自体がおかしい。逆に、そのようなことを行わないような状況になぜ「学校側が予防措置」をしなかったのかということも問題になるはずだ。単純に言えば、「小学校の修学旅行の引率教諭は一人部屋」であるということが、そもそもおかしくないかということになる。
  まあ、もう少し公判では「エロ」く考えてみよう。
修学旅行中にデリヘル=小学校教諭を免職-徳島
 修学旅行を引率中だった徳島県の小学校の男性教諭(28)が宿泊先でデリバリーヘルスを利用し、女性従業員とトラブルになったとして、同県教育委員会は10日、この教諭を懲戒免職処分にしたと発表した。
 県教委によると、男性教諭は同県石井町立高川原小学校の6年生の担任として、10月27日から1泊2日の関西方面への修学旅行を引率。宿泊先の大阪市内のホテルでデリヘルを利用した。その際、接客をめぐってトラブルとなり、女性従業員が警察に被害届を提出。示談が成立した29日まで事情聴取を受けていた。
 28日早朝になり、教諭の不在に気付いた校長が本人に電話をして事情を把握。児童らには「体調不良で同行できない」と説明し、旅行は予定通り続けたという。
 美馬持仁・徳島県教育長の話 大変遺憾で、再発防止に向け綱紀粛正に努める。 
2016年11月10日 20時59分 時事通信
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2016111000947/
 さて「女性とトラブルになった」ということだそうだ。要するに、教育委員会は「トラブルにならなかったら免職にしなかった」ということになる。なんとも平和な組織である。
  さて、
  もっとエロく考えてみよう。「接客を巡って」ということは「サービスが悪かった」ということでしかなく、その「サービス」とは何かということになる。単純に「旅行先」において、「その土地の女を味わいたい」というような男性的な欲求は少なくないであろう。この男性教諭はその欲求に勝てなかったということになろう。では「其の欲求」とは、単純に「制行為そのもの」つまり、「本番」であって「通常のデリヘルのサービス」ではだめだということになる。
  さて、ものは考えようである。「本番」を常に求めるということは「成人女性」ス君アクトも「身体が成人女性」でなければいけないということになる。つまりのところ「小学校教諭として、小学生に手を出すことはない」ということであり、最近、よく出てきている「小学校教諭が生徒にわいせつ行為」「盗撮」などということはないということになるのである。まあ、この教諭が「高校教師」となれば、かなり危険性が高いということになるのかもしれないが、「小学校教諭」ならば、よほど発達の良い生徒以外は「対象外」であって、「安全な教師」ということになる。
  なおかつ、「ソープなどの店に行く」という選択肢もあったはずだ。しかし、一応修学旅行であるから、「現場を離れなかった」ということになる。要するに「それだけ真面目であった」ということであり、そのためにうまくゆかなかったということになろう。
  逆に言えば、「小学校教諭としては、トラブルになって遅刻した以外は、何ら問題がない」ということである。しかし、残念ながら、「マスコミなどで報道されたので処分せざるを得ない」ということになるので、仕方がないのであろう。そのようなことであるから「勤務中なのかプライベートなのか」ということは、非常に大きな判断基準になるはずだ。
  同時に、そもそも徳島から大阪まで修学旅行に行くのに「一人の教諭の引率」ということはないであろう。つまり、ほかの教諭もいたはずであり、この教諭がそのような状況になっているということ、またはほかに出張などもあるのだろうから、「そのような性癖がある」ということもわかっていて「黙認した」のである。なぜ「一人だけが処分されるのか」ということは非常に疑問が残る。ついでに言えば、「遅刻」が原因ならば、ほかの遅刻をした教諭もすべて免職にすればよい。今週の火曜日のブログにあるように教諭は余っているのだから。
  それよりも「建前ばかりで正常な男女関係」を教えられない教諭が多く、「建前」や「マスコミの評判」を気にするというような学校ばかりにしてしまうこのような諸運がおかしいということになる。つまり、「教諭そのものよりも、徳島の教育委員会の方が、建前だけで人間の本質を分かっていない」ということになり、「そのような教育が異常な社会を作る温床となる」といううことになる。かなり過激な意見であることは自覚しているが、実際には、「エロ」を「示したうえで倫理観を教える」ような教育がなければならず、その部分をしっかりと見なければならないはずだ。そのような「明確な基準ができず、恣意的な処分が行われた」こと、つまり「エロを軽視する処分が行われたこと」を非常に残念に思う。

|

« イスラムがイスラムに対イてテロを働くようになった「テロリズムの変遷」を考えてみる | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第13話 2016年アメリカ大統領選挙と世界の趨勢を占う宇田川版「裏表両方解説」 3 大統領選挙を大きく動かした「中国」「フェイク」「ユダヤ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/64508606

この記事へのトラックバック一覧です: 【土曜日のエロ】 修学旅行中にデリヘルを呼ぶ教諭の「エロ感覚」と建前しか気にしない「教育委員会」の狭間:

« イスラムがイスラムに対イてテロを働くようになった「テロリズムの変遷」を考えてみる | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第13話 2016年アメリカ大統領選挙と世界の趨勢を占う宇田川版「裏表両方解説」 3 大統領選挙を大きく動かした「中国」「フェイク」「ユダヤ」 »