« 【土曜日のエロ】 「下ネタ」は実は男性が社会の中で集団を築く知恵であったということとそれを打ち壊す女性たちの感性が景気を悪化させる | トップページ | マスコミ批判に関する一考(328) 合意を守れない韓国を擁護するマスコミたちの「モラルハザード」 »

【有料メルマガのご案内】  「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第14話 混乱の韓国朴槿恵大統領退任要求デモに見る、韓国の閉ざされた悲観すべき未来と北朝鮮の工作 2 北朝鮮出身の崔順実の父崔太敏のあまりにも怪しい経歴

「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」
第14話 混乱の韓国朴槿恵大統領退任要求デモに見る、韓国の閉ざされた悲観すべき未来と北朝鮮の工作
2 北朝鮮出身の崔順実の父崔太敏のあまりにも怪しい経歴
 韓国の朴槿恵・崔順実専横事件を、朴槿恵の生い立ちというか朴正煕大統領の時代までさかのぼって考えてみています。
  前回は、朴正煕大統領の妻で現大統領の朴槿恵の母である陸英修が暗殺されてしまいました。
  朴槿恵は、当時フランスに留学していたが、すぐに呼び戻されることになります。
  一つには、葬式があるから、そしてもう一つは、朴正煕大統領の政治的なフォローをするためなのです。
  そして陸英修の亡骸と対面することになるのです。
  癌気にフランスに行って、大統領夫人となった母が、自分が留学している間に死んでいる、それも暗殺されているのですから、朴槿恵の悲しみは相当なものであったと想像されます。
  そして、その時に、朴正煕大統領に近寄ったのが、崔順実の父である崔太敏だったのです。
  『キム・ヒョンウク回顧録』には、陸氏が殺害された後、崔太敏氏が令嬢の朴大統領に慰めの手紙を送ったという記録が残っています。
  手紙をきっかけに朴大統領に初めて会った席で、崔太敏氏は夢に出てきた陸氏のメッセージだといって次のように話したといいます。
  「お母さんは亡くなったのではなく、あなたの時代を開くために道を譲ったということをなぜ分からないのか」。
 このような手紙を書く崔太敏とはどのような人物なのでしょうか。
  1912年5月5日に黄海道鳳山郡生まれといいます。
<以下は有料メルマガでお読みください>
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは明日発行される有料メルマガに書いています。
有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html

|

« 【土曜日のエロ】 「下ネタ」は実は男性が社会の中で集団を築く知恵であったということとそれを打ち壊す女性たちの感性が景気を悪化させる | トップページ | マスコミ批判に関する一考(328) 合意を守れない韓国を擁護するマスコミたちの「モラルハザード」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/64759846

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】  「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第14話 混乱の韓国朴槿恵大統領退任要求デモに見る、韓国の閉ざされた悲観すべき未来と北朝鮮の工作 2 北朝鮮出身の崔順実の父崔太敏のあまりにも怪しい経歴:

« 【土曜日のエロ】 「下ネタ」は実は男性が社会の中で集団を築く知恵であったということとそれを打ち壊す女性たちの感性が景気を悪化させる | トップページ | マスコミ批判に関する一考(328) 合意を守れない韓国を擁護するマスコミたちの「モラルハザード」 »