« 嘘をついてまで日本を悪く言う中国の対日意識の救いようのない「単純明快なバカ」 | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 4 金正男影武者説と「男」が一人でいた理由 »

【土曜日のエロ】 「そそられる女」とは何か

【土曜日のエロ】 「そそられる女」とは何か
 今週は森友学園事件の籠池の証人喚問などもあったし、イギリスロンドンではテロがあったり、なかなか大変な一週間であった。私的にも様々に忙しい状況であり、何となく仕事が追いついていない。そもそも文章n作りすぎ、キーボードの叩き過ぎで、右手が腱鞘炎になるという感じである。ちなみに「右手」というよりは「右手の人足指・中指・薬指」の腱鞘炎である。まあ、これだけたくさん文字をうっていれ仕方がないが、しかし、右指を腱鞘炎になると、どうも食事をするのもペンを持つのも非常に不便なのである。
  同時に、今週は大きな仕事が二つ終わった。まあ、何があったのかは言えないが、しかし、まあそのうち公開されるので楽しみにしてもらいたい。しかし、それ以上考えると、二つも大きな仕事が終わると、基本的には、「燃え尽き症候群」となるので、基本的には仕事の話などはしたくない。もちろん、そんなことを言っていられないのが、私どもの職業であるといえるが、しかし、内心はどうしてm「休みたい」「寝たい」と思うものである。
  そのような精神状態であるにも関わらず「土曜日のエロ」だけは、なぜか気力が充実しているのである。なんとも不思議なものである。
  その中において、今回は、「ネタが無くなった」わけではなく、「何となく自分が書きたい記事」として「「美人でもそそられない芸能人」1位は」なる記事を見つけてしまったのである。まあ、これこそ、今日のような日に最も良いネタではないかと思うのである。
  さて、「そそる」という単語がまずは定義が必要である。「ある感情・行動を起こさせる。さそう。」という意味になる。要するに「そそる女」ということは、「そそる」つまり、「セックスをしたくなる」というような、少なくとも、「何らかの性的魅力を感じる」というような意味になる。
  要するに、この内容は「美人」はイコールで「性的な魅力の対象」とはならないということを言っているのである。
  では「どのような人が性的な魅力を感じる」のか、そのことを、書いている記事が出たということになる。
男って罰当たり!2位水原希子「美人でもそそられない芸能人」1位は
 「女の可愛いは、あてにならない」、「男と女の可愛いは別だから!」巷で有名なこのセリフ、みなさんも周りの男性陣から聞いたことがあるのでは?
 となれば、女性から見たら「キレイ枠間違いナシ!」と感じる“美人芸能人たち”が、どれくらい男ウケがいいのか気になるところ。
 そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代の男性500名を対象に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」というアンケートを実施しました。
 気になる調査結果を参考に、謎すぎる(?)男心を探っていきましょう!
■空前絶後の美人なのに…「なぜか男がそそられない女性」No.1は?
 男性500名に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」と聞いたところ、3位までは以下のような結果に。
10位・・・紗栄子(3.8%)
9位・・・河北麻友子(4.0%)
8位・・・木村カエラ(4.6%)
7位・・・梨花(4.8%)
6位・・・杏(5.2%)
5位・・・森泉(6.2%)
4位・・・道端ジェシカ(6.6%)
3位・・・ダレノガレ明美(8.0%)
 8位の木村カエラ、6位の杏、5位の森泉については「キレイだと思う程度で、色気を感じない」というネットの声が目立ちました。
 4位の道端ジェシカや3位のダレノガレ明美に関しては、ネットでは「美人だけど、お高くまとってそうで苦手」、「常に男を値踏みしているイメージ。ダレノガレが好きという友人がいたら、ドMだと思う」と、手厳しい声も見られました……。
■2位:口元がナシ!? 男って罰当たり…水原希子(9.0%)
 2位にランクインしたのは、先日グラミー賞歌手であるR&Bシンガーのザ・ウィークエンドとMVで共演し、話題を呼んでいるモデルで女優の水原希子。
 筆者が周りの男性陣に取材したところ、「細すぎて不安になってくる」「水原希子の口紅のCMを見て彼女がその商品を買ってたけれど……、自分としては口元のこんもり感がナシだなって思う」と、冷ややかなコメントも。
 イメージコンサルタントである筆者は、水原希子のアノ透明感が羨ましくて仕方がないのですが(生まれ持ったパーソナルカラーがなせる業)……男性って本当、罰当たりですよね!
■1位:だってガチ悪女!?…菜々緒(10.0%)
 堂々の1位に輝いたのは、ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)で悪女弁護士を熱演中の女優・菜々緒。
 「悪女役が多すぎて、ガチの悪女にしか見えなくなってしまった」、「観賞用……。体型とか現実離れしすぎていてそそられない」、「役のせいか、一言一言がキツそう。TMの西川さんは尊敬に値する」といった声まで飛び出しました。
 ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)で、高身長で端正な顔立ちを生かした、整形美女のシリアルキラー(連続殺人鬼)役が超ドハマリし、すっかり悪女キャラが板についてしまった菜々緒。
 過去に出演した『王様のブランチ』(TBS系)では、「悪女役にハマりすぎて、普通に挨拶しただけで“いい人”って言われます」と、役得(?)なエピソードを明かす場面も。ギャップモテなら、男性ウケも狙えそうですね!
■これぞモテ子の秘訣!高嶺の花よりも「嫁にしたい」親近感を狙え
 前述のアンケート結果を見て、「美人でもそそられないなんて……男って、顔じゃないの!?」と疑問に感じずにはいられませんよね。
 そこで筆者の周りの男性陣(Sさん・Kさん)に、恋愛対象として見てしまう女性について追加調査を開始!
(1)ムスッと美人よりも、愛嬌のある万人顔
 「いくら美人でも、ムスッとしていたら、男は居心地が悪く感じてしまうもの。それよりも、特別美人じゃなくとも、いつもニコニコ愛嬌があって、優しく包んでくれる女性を求めてしまう」と、Sさん。
(2)顔より色気より…チェックポイントは“家庭的であるか“
 Kさんは、「“あぁ美人だったらな”、“もっと色気があったらな~”とぼやいている女性に遭遇しますが、そこじゃない!と声を大にして言いたい。遊びの女性なら顔や色気はあればあるほど嬉しいけれど、本命=嫁候補として考えたときに、最も重視すべきは家庭的であること」と、語ります。
 美人で悪女な菜々緒よりも、家庭的な安めぐみ、これが世の男性陣のホンネなのかもしれません。
2017年3月21日 07:30 木土さや
http://www.biranger.jp/archives/266256
 さて、このような記事を見るときに、最も重要なのは「芸能人」の本人を知っているということではない問うことになる。つまり、「芸能人」であることかあ「芸能人」のイメージがあり、「芸能人の醸し出すイメージ」または「芸能人の演じた役柄から感じられるイメージ」によって、さまざまなことお妄想した産物であるということである。つまり、そのことがこの芸能人の本質を見てつけられたランキングではないということだけではなく、その「芸能人から感じるイメージに、ある程度のギャップ」が存在するということになるのである。
  ようするに、今回の内容を考えた場合、基本的には、「個人の芸能人」を評論するのではなく、「傾向値」を考えるべきであるといえる。
  さて、この中にあるのは「色気」と「性格」である。まあ、芸能人の本当の性格などはあったことがなければンわかるわけではないので、その内容をいかに想像するのかということを考え泣けばならないが、まあ、役柄やイメージなど、または顔つきや表情から、そのようなことを感会えると「色気」を感じるのは、「笑顔」からであり「冷たい表情」からは男性は「芸能人」に対して「そそられない」ということになるのである。
  次に考えられるのは、「家庭的」ということであろう。そのような意味において「色気」だけではなく「家庭的」ということが一つの内容になってくる問うことになる。
  では、その内容というのは、どのような考え方になるのかということがあげられるのではないか。
  さてこの中に挙げられるのは、よく「遊ぶ女」と「嫁にする女」は違う問うような話になっているが、それ以外に「見る女」というのものいるということがある。男性は、どうも女性に対して「目的別に分類している」ということがあり、ここにはギャップではなく、正当性から正面の内容を見ているということになるのである。
  そのように考えた場合「美人」であることは「見る女」ではあっても「遊び」「嫁」という色気につながる者とはならないということになるのである。
  まあ、基本的に女の考え方はそのような内容になる。ということがこの記事からわかる。それらの分類を無意識のうちに行ているということになる。逆な言い方をすれば、「色気のある女性」というのは、何なのか。
  だいたいわかるのではないか。

|

« 嘘をついてまで日本を悪く言う中国の対日意識の救いようのない「単純明快なバカ」 | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 4 金正男影武者説と「男」が一人でいた理由 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65059125

この記事へのトラックバック一覧です: 【土曜日のエロ】 「そそられる女」とは何か:

« 嘘をついてまで日本を悪く言う中国の対日意識の救いようのない「単純明快なバカ」 | トップページ | 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 4 金正男影武者説と「男」が一人でいた理由 »