« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 7 金正男の存在とその利用価値 | トップページ | とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声 »

マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点

マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点
 このマスコミ批判では、いつも話題にしているのが「コメンテーター」という人々である。まあ、あるテレビ関係者にその話をしたら「売れない芸人や知識人といわれる人々の救済策」というが、そのようなことで、訳の分からないことを垂れ流されては、はっきり言って迷惑この上ないのである。
  そもそも、「解説者」というのは、「専門的なこと」を「専門家の立場から」話をするものであり、当然に、「公共の電波」であるから、「自分の専門の立場からの意見」をいうことができるとは思うが、しかし、専門家であれば、当然に「双方の意見を述べて、そのうえで、自分の意見を言う」ということができる。まあ、日本の学者などというのは、海外の学者とはレベルがあまりにも違うので、なぜか政治的な話をすることが普通になってきているが、そもそも科学者が政治的な話をしたり、経済の話をすること自体がおかしいのであり、自分の専門分野について話してもらいたいものだ。もちろん、個人的な領域で何を話してもよいが、科学者が、政治を話すのは、今からはなす芸能人という「素人のコメント」と全く変わらないということになるのである。
  さて、専門家というのは、「両論をよく理解したうえで、自分の意見を言う人」であるのに対して、素人というのは、「聞きかじりの生半可な意見しかないのに、それを、双方の意見様々いるにもかかわらず、公共の電波を使って片方の生半可な意見だけを放出している」人でしかない。もちろん、アンケートなどで、多数の中の一人であれば良いが、なぜか芸能人が、芸能人というだけで、「素人の代表」であるかのような話をすることに、非常に強い違和感を感じる。
  まず、単純に「公共の電波」であること。つまり、その電波を受け取る人は、極右から極左までいる。場合によっては外国でもそれを受け取るのである。当然に、すべての少数意見まで全てを出すことは時間的にできないであろうが、一つの意見と、それに反対する意見を双方上げることぐらいはできる。要するに、専門家がいて、その専門家に対して、素人が質問をしているというのであれば、それはまだ理解できるが、素人が素人だけで意見を言って垂れ流しているのは、「その人の意見に洗脳している」ものとしか言いようがない。オウム真理教の時に、「サブリミナル」ということが話題になったが、基本的に片方の意見しかやらないのであれば、それに近いものでしかない。
素人代表としてのTVコメンテーター 外国人には奇妙に映る
 テレビの情報番組やワイドショーをつけると、様々な肩書きの「コメンテーター」たちが政治から芸能ニュースまでアレコレと意見を述べている。しかし専門的でもなければ意外性があるわけでもない、どーでもいい“うす~い”コメントばかり聞かされて、視聴者もいいかげんウンザリしてきているのではないだろうか。
 舛添要一・前東京都知事の問題以降、情報番組やワイドショーでは政治を扱うことも増えている。ところが、「森友学園」問題では、取材は菅野完氏のようなフリージャーナリストに頼るばかり。
 スタジオではコメンテーターたちがわいわいと騒いでは、「国有地払い下げ」への関与が疑われる政治家、国有地を売却した近畿財務局や、小学校設置を認可した大阪府などにはあまり向かずに、籠池泰典・前理事長を批判したり茶化したりするような発言ばかりが目立った。
 そうなってしまう背景を、ネット番組「ニューズオプエド」のプロデューサー・アンカーを務めるメディアアナリスト上杉隆氏はこう推測する。
「記者やディレクターらが面倒な取材に出るよりも、コメンテーターを使うほうが制作費、経費が安く済みます。つまり、ギャラの安い事務所のお笑い芸人や、番組で顔を売って講演で稼ぐ評論家だと廉価でベストというわけです」
 そんなテレビ局と出演者がもたれ合う関係の末に、「51年間の人生の中で国会中継初めて見ましたね」と『モーニングショー』(テレビ朝日系)で言い放つ長嶋一茂氏が、コメンテーターとして森友問題を語るような不思議な事態が起きてしまうのではないか。
“素人代表として必要”との声もあろうが、保育所の待機児童問題を取り上げた『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、“2児の母”の松嶋尚美が、
「(収入が)大丈夫な層からは月2000円でも3000円でも上げて、先生たちのお金に回すことができないのかな」
 と発言したことが、所得によって保育料が変わる制度を知らないまま意見していると批判を呼んだ。本当に彼らが素人代表と言えるのか。
 そうした日本の番組は外国人からは奇妙に映っているという。英字サイト「トウキョウ・リポーター」のブレット・ブル編集長もこう話す。
「政治や経済ニュースを扱う番組にコメディアンが出てきたり、経済専門家が芸能ニュースにコメントしたりするのは、欧米では受け入れられないでしょう。
 米国では、ニュースにしっかりとした分析を提供するために、コメンテーターは基本的にはその分野の専門家が担当する。そうすることで視聴者はニュースを正しく、深く理解できます」
 では“専門家”にコメントさせればいいかといえば、そうならないのも日本のテレビの不思議なところ。森友問題では、「専門家」として政治ジャーナリストや政治評論家たちも登場したが、こんな違和感があった。
 時事通信社特別解説委員で政治評論家の田崎史郎氏は、『ひるおび!』(TBS系・3月13日放送)で、
「(土地の)ゴミ処理にどのくらいかかるか“ある人”が試算したんです。そしたら10億円かかると言う。(値引きした)8億円で済まない。財務局から見るとうまく売り抜けた」
 と、“ある人”の試算をソースに、“珍解釈”を披露。
 情報番組に引っ張りだこだった元TBS政治部記者の山口敬之氏も、昭恵夫人が籠池夫人と交わしていたメールについて、
「最後のメールは昭恵夫人なりのお別れのメッセージ」(テレ朝系『モーニングショー』・3月20日放送)
 昭恵夫人付きの職員が籠池氏に送っていたファックスについては、
「谷(査恵子氏)さんのファックスは非常に完璧な答えだったよね、というのが内閣府と官邸の受け止めなんですね」(フジ系『直撃LIVE グッディ!』・3月29日放送)。
 まるで政府の代弁者かのように昭恵夫人や内閣府、官邸の感情を語るのだ。
※週刊ポスト2017年4月21日号
2017.04.12 16:00 ポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20170412_509024.html
 さて芸能人のコメンテーターの問題点は、まさに、非常に大きな問題だ。まずはそのコメンテーターがどのような出自であり、どのような思想を持ち、どのような背景を持って発言しているのかよくわからない。そのよくわからないということは、どのような危険思想を持っているかもしれないし、また、外国に利することを発言する可能性もある。そうではないという保証はないし、また、普段は芸能人なのであるから、その問題や関連する問題に関して、真実を話すとも限らない。
  そもそも芸能人というのは、私も何度かテレビに出てわかっているが、カンペをどれほど真実らしく読むか、ということであり、芸人などといえどもディレクターの台本道理に話をすることが仕事である。つまり、芸能人を使うということ自体「本人の真実の意見」なのか、あるいは「やらせ」なのか、わからないということになるのだ。
  さて、上記の記事は上杉隆氏に関して書いているが、まあ、政治的な対t場などは彼とは理解できない部分もある者の、マスコミ批判ということに関しては、上杉氏と一致するところは少なくない。
 スタジオではコメンテーターたちがわいわいと騒いでは、「国有地払い下げ」への関与が疑われる政治家、国有地を売却した近畿財務局や、小学校設置を認可した大阪府などにはあまり向かずに、籠池泰典・前理事長を批判したり茶化したりするような発言ばかりが目立った。<上記より抜粋>
  まさに、この中である「茶化したり」という言葉がすべてである。要するに「誰かが言ったような薄っぺらいコメント」ばかりで、なぜ視聴者は怒らないのであろうか。いや、怒っているから、テレビを見なくなってしまっているのではないだろうか。
  最近ネットで「テレビでこう言っている」などということ自体が「バカではないか」「テレビを信用しているなど大丈夫ですか?」などと書き込まれてしまう時代になった。マスコミは、このようなことばかりをしていては、ダメになってしまうのではないか。

|

« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 7 金正男の存在とその利用価値 | トップページ | とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65155612

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点:

« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第15話 2017年世界を騒がせた「世紀の兄弟喧嘩」といわれる「金正男暗殺」といわれる事件の真相 7 金正男の存在とその利用価値 | トップページ | とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声 »