« マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点 | トップページ | 日本の国会では「北朝鮮からミサイル売ってくるからアメリカを止めろ」と共産党議員がテロリスト国家に利する発言をする中、世界各地に波及するISテロとという狂気とその目的は何かを考える »

とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声

とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声
 長島昭久議員が民進党を離党した。まあ、遅かれ早かれ、民進党の体質とはあわないと思っていたので、そのようなことはありうるかと思う。実際に、「選挙互助会」とか「烏合の衆」といわれた(私も併せてそのように呼称してきた)わけであって、まさにその通りであるということになる。
  まあ、平たく言えば「政策を中心に議員活動を行いたい人」にとっては、ただ単純に反対だけを言い、政策やイデオロギーが全く異なるところで一緒に政治活動をするということになると、基本的には、「何か前に進もうとした場合に、必ず党内で摩擦が起きる」ということであり、当然にその時に「組む相手」選びからも一致しないということになる。
  さて、今から何年前になるのであろうか。民主党政権ができる直前、安倍第一次政権や福田政権の時代、民主党というのは、ある意味で「中道保守から中道左派」を中心にした政党というイメージがあった。単純に言えば、「元自民党の鳩山由紀夫」「元自民党幹事長の小沢一郎」が組んだのであり、そのうえ「自社さ与党時代の厚生大臣の菅直人」がはいっていた。そのほかの顔も、基本的には「中道」的に見えていた。そのことは、当時から社民党が存在していたのに、社民党に支持が集まらず、民主との指示が上がったのは、まさに、「保守系」というところであろう。単純に言えば、「右派」と「左派」ではなく、「保守」の中の「改革派」と「既得権駅者」の戦いのように見えたはずだ。
  その内容において、中道保守の多い日本の多くの有権者は「一度やらせてみればよい」というようなことで、民主党に投票した人が少なくなかった。しかし、その民主党は政権をとると、いつの間にか迷走を始める。まあ、「烏合の衆」が前に進もうとして「船頭多くして船山を登る」というような感じであろう。その傾向から、過激なものうぃいをする「新左翼」つまり菅直人・枝野幸男・仙谷由人というところが頭角を現すことになる。その結果「元自民党で総裁の孫」である鳩山由紀夫は党から離籍し、元自民党幹事長の小沢一郎は党を分割することになる。国民は、「烏合の衆」つまり「反対しかしていない人々には何もできない」ということを学んだのである。
  それでも「いまだにわからない人々」と「反対しかできない人、あるいは反対をすることが政治だと勘違いしている人」は、民進党を支持している。しかし、民主党政権ができた時に中道保守改革派であると思われたことを学習せず、基本的には「反対批判政党」でしかないし、またそのような対応しかできないので、結局、数年前まで「確かな野党」を言うような標語を使っていた共産党と組むのであろう。
民進・長島昭久議員、離党届提出へ 共産と共闘に不満
 民進党の長島昭久・元防衛副大臣(55)=衆院比例東京=が、10日に離党届を提出する意向を固めた。次期衆院選に向け共産党との共闘を進める党方針に不満を募らせてきた背景がある。今後は無所属で活動する方針で、小池百合子都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」との連携も模索している。
 長島氏は7日夜、後援会に離党の方針を伝えた。その後、ツイッターで「真の保守政治を追求してきた私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は譲れぬ一線を越えることを意味し、国民の理解も得られないと考えた結果です」と投稿した。
 長島氏は、自民党の石原伸晃経済再生担当相の公設秘書などを経て、2003年衆院選で民主党から初当選。当選5回。民主党政権時代に外交・安全保障担当の首相補佐官や防衛副大臣などを務めた。(岡本智)
 
朝日新聞デジタル  20170410
http://www.asahi.com/articles/ASK475RPHK47UTFK014.html
民進党、長島氏を除籍処分へ 党執行部は“離党届”受理せず
 民進党の長島元防衛副大臣が離党届を提出したことを受けて、党の執行部は、長島氏を除籍処分とする方針を決めました。
 長島氏が離党届を提出したことを受けて、蓮舫代表ら執行部は対応を協議しました。その結果、民進党東京都連の幹事長を務めていた長島氏が7月の都議選を前に離党することは、「敵前逃亡」にあたるなどとして、離党届は受理せず、除籍処分とする方針を決めました。執行部は、11日の常任幹事会に長島氏の処分について諮ることにしています。
 民進党では、都議選の公認予定者が相次いで離党届を提出していますが、蓮舫氏の地元・東京で、国会議員の離党者が出たことで、さらに離党者が出ることも懸念されていて、7月の都議選を前に、執行部にとっては大きな痛手となりそうです。
 
TBS NEWS  (11日04:32)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3025817.html
 さて、民主党の中になぜ保守派がいるのか。もちろん、選挙の時に自民党議員がいてうまくゆかずに受け皿的に民主党を使ったという人も少なくないでしょう。しかし、そのような打算であれば「議員になってから離党」ということも十分にある。しかし、いまだに、つまり政権から陥落しながらいまだに民進党に「しがみついている」のは何なのであろうか。
  そのように考えた場合に「反対しているほうが楽」ということになる。同時に、今回の長島氏の話の中で「党内の議論がない」ということが最もよくわかる話ではないか。つまり、「反対だけして、なぜ反対をするのか、どうして反対をしなければならないのか」ということがはっきりしないで「上位下達で命令に従わなければならない」という状況が、いやになったといっている。まさに「北朝鮮の金正恩体制」と全く変わらない状態であり、これが「政治」「民主主義」なのかと疑いたくなるのである。
  さて、「保守派」が偉いわけでも何でもないが、少なくとも、中国や北朝鮮はなぜ嫌われるのか。。それは単純に、「民主主義ではない」からであり、それは「恣意的な判断によって正常で継続的な行動がすべて停止させられる」ということ、つまり、予想されないということに他ならない。そのことは、日本においては「政策で継続的な政治を行えない」といことであり、民進党の特徴である「ブーメラン」というのは、まさに、政治の継続性などを無視してしまうので、自分が行ったことを平気で、自民党政権が行うと批判するということになる。そこに理論や思想がないと、そのような状況になってしまうのである。はっきり言ってあまり頭の良いものではない。
  そのような「ブーメラン型の批判政治」を行うだけで「政治を行っている」というのは、まさに、党内で議論をして、さまざまなリスクや過去の自分たちの行動に関して検証がされていないということであり、それは「反省も歴史認識も何もない」ということに他ならないのである。
  ツイッターで「真の保守政治を追求してきた私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は譲れぬ一線を越えることを意味し、国民の理解も得られないと考えた結果です」<上記より抜粋>
  まさに、「価値観がずれていても、反対しかしないから組むことができる」というのは、まさに、「政権を取った後や、共同の政策ということを議論しない」ということであり、「議論の存在し無い民主主義は存在し無い」という「独裁的な政治」を行っているということになるのである。
  まあ、実際に同課などはわからないが、このような体質から「民進党は外国人の政党」などといわれてしまうのかもしれない。
  さて、民進党の中には、ほかにも保守派といわれる人々はいる。その人々は今後何をするのであろうか。本当に「批判しかできない議員」になる前に、態度を決めた方がよいのではないか。

|

« マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点 | トップページ | 日本の国会では「北朝鮮からミサイル売ってくるからアメリカを止めろ」と共産党議員がテロリスト国家に利する発言をする中、世界各地に波及するISテロとという狂気とその目的は何かを考える »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65161329

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう離反者が出た「蓮舫民主党」の「党内の議論ができない」体質はまるで北朝鮮の政治体制のようだという声:

« マスコミ批判に関する一考(341)「素人の代表」として芸能人が何の知識もないの政治や経済についてコメントをしていることを公共の電波で垂れ流していることの問題点 | トップページ | 日本の国会では「北朝鮮からミサイル売ってくるからアメリカを止めろ」と共産党議員がテロリスト国家に利する発言をする中、世界各地に波及するISテロとという狂気とその目的は何かを考える »