« 北朝鮮のミサイルの開発はどこまで進んでいるのかという疑問と拉致問題に関する内容 | トップページ | 【土曜日のエロ】代理母出産を強要された継父にレイプされた12歳の少女について鬼畜に思う反面理解もできるという異常心理 »

【閑話休題】ピザにスパゲティとパイナップルという信じられない組み合わせにネット炎上

【閑話休題】ピザにスパゲティとパイナップルという信じられない組み合わせにネット炎上
 今週は、かなり重たい話題が多かった。何しろ先週の米中首脳会談に、シリア空爆と二つも大きなことがあり、その後、米ロ怪談(ティラーソン国務長官とプーチン大統領)や、あるいは、北朝鮮に対するカールビンソンの派遣など、後々、この一週間が歴史を大きく変え初めといわれるかもしれないほどの大きな動きだ。ISのテロも非常に大きくなっているし、軽い話題で言えばスケートの浅田真央選手の引退なども話題になる。何か一つの時代の節目が来て新たな動きの中に強制的に移行したような形になる。
  さて、本来であれば、このほかにも長島昭久議員の民進党離党など、国内の政治でもざまざまなことがあり、まだ書いていないことも少なくない。週刊誌などで私のコメントが、これ等のことに関しては出ることもあるので、そちらも呼んでいただきたいと思う。
  さて、そんなに忙しいことばかりがあると、どうしても、人間というのは、その場から逃げたくなってしまう。まあ、私が当事者ではないので、逃げる必要はないのであるが、どのメディアもそのことばかりになってしまっては、あまり面白くないのである。そのために、今回は、あえて「他のこともかけるぞ」と示すために、まったく違う話題を書いてみよう。もちろん、明日土曜日は恒例の「土曜日のエロ」を行うので、本来はそれでよいのであるが、たまにはそれだけでないところもあってよいのではないか。
  まあに「閑話休題」という感じ。
  さて、そのようなネタを探ししているところ、面白いネタがあったので、そのネタに関して書いてみようと思う。
  さて、ニュージーランドのビル・イングリッシュ首相が、缶詰のスパゲティとパイナップルをトッピングしたピザを紹介。これに対してネットの中で批判が殺到している。まあ、はっきり言って、他人の食事の趣味などは、どうでもよいことであるが、よくよく考えれば「閑話休題」などというものは、どうでもよいことを大真面目にり上げて、その内容に関して「もっともらしく取り上げる」ということが重要なのであり、その内容を考えてみようと思う。
  さて、そもそも私はそのような食べ方はしたことがない。しかし、基本的に「イメージ」と「推測」で婚食べ物が好きkといわれれば「嫌い」である。
  ということで、その内容に関して、雉の後ろで「大真面目」に考えてみたいと思う。
ピザにスパゲティとパイナップル! NZ首相に批判殺到
【AFP=時事】ニュージーランドで、ビル・イングリッシュ首相が缶詰のスパゲティとパイナップルをトッピングしたピザを紹介したところ、これに批判が殺到する事態となっている。
 イングリッシュ首相は数日前、家族のために用意した食事だとして、この普通ではないピザの写真をフェイスブックに投稿した。ところが、スパゲティをトッピングした首相のピザをめぐり、インターネットではピザの愛好家らから批判が集中し、モツァレラチーズが溶けるよりも早くネットは「炎上」状態に。
「どうしてそんな残飯を紹介するんだ?そんなものを国外からのお客様に提供できる??」「残念だがビル、ピザにスパゲティをのせるような人間はわが国を率いるにはふさわしくない」などの投稿が相次いだ。
 在ウェリントンのイタリア大使館も黙っていなかった。「缶詰のスパゲティとパイナップルをトッピングした首相のピザへの『ベンデッタ(復讐、ふくしゅう)』」とのメッセージとともに、ニュージーランド人が愛してやまないデザート、パブロバを果物の代わりにサラミで覆いつくした写真をツイッターに投稿した。
 こうした批判に対してイングリッシュ首相は、自分のピザは強い反発を引き起こしたかもしれないが、自分を支持する人も大勢いるとひるまず、地元ラジオNewstalkZBに「今や行く先々で、自分もピザにスパゲティとパイナップルをのせるという人たちが私に話しかけてくる」と語った。
 
【翻訳編集】AFPBB News 20170404
http://www.afpbb.com/articles/-/3124315
 まあ、そもそも「ピザ」というものは、主食であるパンを平たくして、その上にソースとチーズをのせて焼いたものだ。基本的にフランス料理や日本料理のように、おかずと主食を分けて食べるのが本来の食べ方。基本的に「主食とおかず」を同じに食べるものを「ファーストフード」ということになっており、それらは、例えば、「遠征食」(日本では通常、お弁当といわれる)ものや「簡易食」というような感じになってしまうのである。日本では、「どんぶり飯」のようにご飯の上に、おかずが乗ってしまっているものを言う。このほかにもおにぎりや寿司(海苔巻きや稲荷ずしなどの助六ずしやちらし寿司を含む)なども、この中に入る。
  一方西洋ではサンドウィッチという、主食パンでおかずを挟む食べ方があり、まさにその「簡易食」がそのまま大きな文化になっている。もう一つが、ハンバーガーである。まあ、パンで挟むということになると思うが、これも独自の文化になってきている。そしてピザもまさにその中の一つであろう。
  さて、そのように考えた場合、「ピザにパスタとパイナップル」というのは、基本的に「どんぶり飯の上にラーメンとパイナップル」という感じを想像してくれればよい。まあ想像しないでもそもそもピザをパスタとパイナップルで、十分に違和感はあると思うのであるが、日本人により違和感を感じるとなれば、そのような漢字であろう。
  しかし、例えば、中国の東北部では餃子は「主食」であり、日本で普通に食べられている「餃子定食」は「かやくご飯」と「ライス」の組み合わせのような感じに映る。まあ、そのように考えれば、一部ある「そばめし」や「ラーメンらいす」という食べ物を日本では行っている状況で、基本的に「ピザにパスタ」というのは、あまり非難できるものではないのかもしれない。まあ、「おにぎりの具がパスタ」であったり、あるいは、肉まんの一瞬「ピザまん」と似たような感じなのかもしれない。(ピザまんは、ピザソースとチーズだけということもあり主食と主食ではないが)
  一方そこに「パイナップル」という感じであろう。まあパイナップルやスイカを「野菜」とみるか、あるいは、「果物」つまり「デザート」とみるかによって、まったく異なるものであると思うが、基本的に「ピザソース」つまりそこにタバスコをかける「辛い」ものと、これに対して「パイナップル」という「甘い」ものを組合わせるという「味覚の感覚」に関して言えば、それなりに俺は「奇異なもの」というようになる。
  もう一つの非難点は、「見た目」つまり「どうしてそんな残飯を紹介するんだ?」<上記より抜粋>という感じではないか。日本食であっても、「視覚で食べる」ということが最も大きなものではないかと考えるのである。そこがよろしくないのではないか。
  ある意味で、この首相は「視覚」「味覚」が悪いということであり「センスがない」というような評価になるのかもしれない。なお、私は酢豚にパイナップルっが入っていることは許せないタイプなので、このような食べ物を出されたらあまりうれしくはないかもしれない。

|

« 北朝鮮のミサイルの開発はどこまで進んでいるのかという疑問と拉致問題に関する内容 | トップページ | 【土曜日のエロ】代理母出産を強要された継父にレイプされた12歳の少女について鬼畜に思う反面理解もできるという異常心理 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65144528

この記事へのトラックバック一覧です: 【閑話休題】ピザにスパゲティとパイナップルという信じられない組み合わせにネット炎上:

« 北朝鮮のミサイルの開発はどこまで進んでいるのかという疑問と拉致問題に関する内容 | トップページ | 【土曜日のエロ】代理母出産を強要された継父にレイプされた12歳の少女について鬼畜に思う反面理解もできるという異常心理 »