« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」1 地政学とは何か | トップページ | 連休明けの政局で目が離せないのが東京都議会選挙と豊洲問題ですが・・・ »

マスコミ批判に関する一考(343) 差別ラーメン店を情報番組で扱っていることに感売る「公平性の原則」の違反と検証の不足

マスコミ批判に関する一考(343) 差別ラーメン店を情報番組で扱っていることに感売る「公平性の原則」の違反と検証の不足
 連休中にネットで話題になったのが、京都のラーメン店の話である。まあ、韓国人と祝えている人物が、京都市内のラーメン店に入ろうとして「居酒屋ですか」と尋ねると、店内から「コリアンゴーアウト」などの発言が出るというものである。
  さて、このような内容に関して日本の情報番組等いうところは、こぞって大騒ぎをする。まあ、はっきり言って、このようなことは、害子k儒、特に中国や韓国に行けば、日本人が会う仕打ちの中では初歩的なものであり、まあ基本的なものであろう。
  さて、あえて言うが、なぜ日本のマスコミは、海外、特に中国や韓国において、日本人が差別的な扱いを受けていることを全く報道しないのであろうか。
  公平性の原則から考えれば、基本的に「日本の韓国人や中国人に対する差別」を報道するのであれば、当然に、韓国や中国における日本人に対するバッシングはしっかりと報道うべきである。なぜか日本のマスコミの多くは、海外における日本人へのバッシングや評判などは全く報道せず、日本人が日本国内で沖田海外へのバッシングばかりを報道する。これが「公平」な法幢姿勢といえるであろうか。
  このようにマスコミの人々に質問すると、ほとんどのマスコミは「自分たちはバッシングにあったことがない」という。これははっきり言って「取材不足」であり、また「取材力の低下」でしかない。そもそも、ネットの中には、そのような「対日本ヘイトスピーチ」や「抗日運動」の数々は山ほど記録されているし、また街を歩けば「日本人お断り」「日本人は店に入るな」というような書き込みや看板は山ほど存在するのである。それらを「全く見たこともがない」などという日本のマスコミは、あまりにも取材力が低下しているか、あるいは、「見て見ぬふりをする卑怯者」ということになる。
  当然に、このような報道姿勢に、日本人の多くは非常に危機感を覚え、なおかつ日本の多くはマスコミを信用しなくなってしまっているのである。
  まさに、このマスコミを信用しないということは、何も「極端な愛国をしろ」というのではなく、「公平平等に報道する」という中立性を大きく逸脱したことが最大の問題ではないのか。
  まさに、今回の内容を見て、「これくらいのバッシングで何を言っているのか」という感じがするのは、韓国や中国で仕事をしてバッシングを受けたことのある人ならば共通の認識であるに違いない。
ネット上で問題となっている京都市内のラーメン店を情報番組が相次いで報道
 4日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)とテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で京都市内のラーメン店で韓国人俳優へ差別的な発言を行った動画が日韓両国で問題となっているニュースを報じた。
 番組によると、問題となっている動画は韓国の俳優ユ・ミンソン氏(37)が4月末に投稿したもので、ミンソンが京都市内のラーメン店を入ろうとした時に「居酒屋ですか?」と訪ねると店内から差別的な発言が返ってきて「ゴーアウト」と言われた。これにミンソンが苦笑いを浮かべると「ハハちゃうねん、アホ!」と店内から聞こえてきた。
 「スッキリ!!」ではミンソン氏は4月27日から5月1日まで日本を観光。動画はネット上で生放送されたと紹介。これまでもミンソンは日本を観光しその行く先々の観光地での様子を生配信してきたという。この差別的な発言について韓国の主要紙も報じ問題となっているという。
 同番組は京都市内のラーメン店を取材。それによると、動画が投稿されてから同店は休業中で店主は気落ちしているという。また、差別的発言を行ったのは当時店内にいた客だったという。SNS上では店への批判が集まり同店は公式ツイッターで謝罪。ただ、この謝罪がお客に責任を転嫁しているとの批判が再び集中し再度、謝罪する文書をツイッターに掲載した。こうした事態にMCの加藤浩次(48)は「差別的なことを吐いた人間は許せないんだけれど、かたやネットの方で同じようなことを言ってしまうと同じ立場になってしまう気がするんですよ」とネット上で店を批判している人々へ警鐘を鳴らしていた。
 一方「モーニングショー」は、韓国ソウルでミンソン氏を取材。番組ではネット上で動画がねつ造ではとの疑惑の声もあると紹介しミンソン氏に尋ねると「私は日本で演歌歌手としてデビューする夢を見ているのでねつ造動画を作って得るものは少しもありません」と否定した。今回の問題を受けミンソン氏は、日本の観光地を訪問し生放送している番組を「日韓関係が良くなって欲しいと願って進めている番組なのです」とした上で今回の問題について「この映像一つで万が一、お互いの感情が悪化し日本のことをよく知らない韓国人が誤解するのではないか心配です」と案じていた。
 同番組はラーメン店のオーナーも取材しお客が差別的な発言を行ったことに「店として止められなかったことに責任を感じています。会えるなら会って直接、謝罪したい」とのコメントを紹介。発言をしたとされる客にも取材し当時のことを「自撮り棒で勝手に入ってきてカメラを向けられたことに腹を立てて、イントネーションを聞いて韓国人だと思った」とし「お酒が入っていてイラッとした。嫌な思いをさせたことは謝ります。心の底から韓国人が入ってくるなという気持ちはまったくありません」などの謝罪コメントを報じていた。
 一連の問題に羽鳥慎一キャスター(46)は「お店は被害者だと思います」との見解を示していた。
 
スポーツ報知  20170504
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170504-OHT1T50068.html
 さて、この事件におけるもう一つの検証不足というのは、この動画の違和感である。
  動画は韓国の俳優ユ・ミンソン氏(37)が4月末に投稿したもので、ミンソンが京都市内のラーメン店を入ろうとした時に「居酒屋ですか?」と訪ねると店内から差別的な発言が返ってきて「ゴーアウト」と言われた。これにミンソンが苦笑いを浮かべると「ハハちゃうねん、アホ!」と店内から聞こえてきた。<上記より抜粋>
 同番組はラーメン店のオーナーも取材しお客が差別的な発言を行ったことに「店として止められなかったことに責任を感じています。会えるなら会って直接、謝罪したい」とのコメントを紹介。発言をしたとされる客にも取材し当時のことを「自撮り棒で勝手に入ってきてカメラを向けられたことに腹を立てて、イントネーションを聞いて韓国人だと思った」とし「お酒が入っていてイラッとした。嫌な思いをさせたことは謝ります。心の底から韓国人が入ってくるなという気持ちはまったくありません」などの謝罪コメントを報じていた。<上記より抜粋>
 さて、この二つの「抜粋」を見て違和感を感じないであろうか。
  そもそも、この動画を見たが、実際に、「居酒屋ですか」と聞く韓国人を見て「すぐに韓国人」と判断できたであろうか。これが白人や黒人で「外国人出ていけ」というならば、何となく見た目で判断できるのであるが、残念ながら、韓国人と日本人は外見上は瞬間には見分けがつかない。当然に、その内容を瞬間にそのように、韓国人だと判断できる」ということは、基本的に、彼が韓国人であるということを知っているか、あるいは、誰彼構わず韓国人といっているかのどちらかであろう。そのように考えたばあい、「なぜ居酒屋ですかという言葉だけで韓国人と判断できたのか」ということが大きな焦点になる。
  「イントネーションを聞いて韓国人だと思った」というが、さて、これは本当だろうか。はっきり言って「後付け」の理由にしかならないような気がしてならない。つまり、このどうがじたいが「やらせ」であり、この韓国人の俳優の「売名行為」である可能性が少なくないということになる。日本のマスコミは、っまあ、マスコミに同情的に考えれば「だまされた」可能性があり、また、悪意を込めて日本のマスコミを見れば、「一緒になって日本国民をだました」可能性があるのだ。
  まあ、ある意味で「公平性」や「中立性」をおおっく逸脱した報道をしている日本のマスコミは、「日本人をだました」というような判断をされても仕方がないということになるが、まあ、そのような疑いをもたれること自体が、日本のマスコミは恥であると考えてもらいたいものである。
  さて、この報道「違和感」があるというだけにとどまるのか、それともその後どのように発展するのか。ネットの中では日本のマスコミのやらせが大きく言われている。このことをマスコミは真摯に受け止めることができるのであろうか
 

|

« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」1 地政学とは何か | トップページ | 連休明けの政局で目が離せないのが東京都議会選挙と豊洲問題ですが・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65237542

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ批判に関する一考(343) 差別ラーメン店を情報番組で扱っていることに感売る「公平性の原則」の違反と検証の不足:

« 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」1 地政学とは何か | トップページ | 連休明けの政局で目が離せないのが東京都議会選挙と豊洲問題ですが・・・ »