« 【土曜日のエロ】 本当にあるのか?奇祭「おっぱい揉み祭り」という記事とそのような記事が出ても不思議ではない中国の「未開」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(348) 誤報・謝罪が相次ぐフジテレビのバラエティであるからといって間違いを発表報道てよいのかという取材力の欠如 »

【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」 6 米中北朝鮮の「外交戦争」「情報戦争」「スパイ・ハッキング戦争」という前哨戦

「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」
第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」
6 米中北朝鮮の「外交戦争」「情報戦争」「スパイ・ハッキング戦争」という前哨戦
 アメリカ、北朝鮮、中国という関係国各々の内容から地政学的な「朝鮮半島」の意味を見てきました。
  さて、まずここで今日の題名とは少し離れますが、ヨーロッパではどのように半島関係に関してみているのか、見てみようと思います。
  これは、正式な地政学理論かどうかはわかりませんが、複数のヨーロッパ人、私の場合フランス人・ドイツ人・オランダ人・イギリス人などに聞いた話で、皆さんが同じことを言っていたので、ある程度認識されているものと思います。
  その理論は「半島理論」という理論です。
  特に印象的だったのは、私の友人のグライナーさんから言われた言葉ですので、その言葉を引用しながら紹介して言見ましょう。
  半島というのは、古代から中世にかけて、大陸と海に囲まれた場所ということになります。
  誇大から海は交易や軍隊など「強大な力」を持った国家にとっては、非常に良い市場であったと思いますが、しかし、一般の人々にとっては漁業従事者など一部を除いて、結局は、大きな壁でしかないということになってしまいます。
  文化の流入は、基本的には、対りきから行われることになります。
  そのために、文化は海を挟んだところではなく、大陸側の影響を強く受け、そのうえで、大陸に大きく政治的にも影響されることになる問うことになります。
  この場合、半島における独自のナショナリズムなどを持っている場合は、すぐにその人は消されてしまうということになり、大陸に感化された人が大陸の傀儡的に政権になるということになります。
  当然に、経済力も、軍事力もそして先端文化も大陸側の方が強くなってしまいます。
  そのことによって、当然に傀儡政権の方が強くなるということになります。
  もちろん、・・・・・・・・
・・
・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは明日発行される有料メルマガに書いています。
有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html

|

« 【土曜日のエロ】 本当にあるのか?奇祭「おっぱい揉み祭り」という記事とそのような記事が出ても不思議ではない中国の「未開」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(348) 誤報・謝罪が相次ぐフジテレビのバラエティであるからといって間違いを発表報道てよいのかという取材力の欠如 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65388758

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第16話 「北朝鮮戦争をめぐる米中の地政学」 6 米中北朝鮮の「外交戦争」「情報戦争」「スパイ・ハッキング戦争」という前哨戦:

« 【土曜日のエロ】 本当にあるのか?奇祭「おっぱい揉み祭り」という記事とそのような記事が出ても不思議ではない中国の「未開」 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(348) 誤報・謝罪が相次ぐフジテレビのバラエティであるからといって間違いを発表報道てよいのかという取材力の欠如 »