« 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること | トップページ | マスコミ批判に関する一考(355) あふれるフェイクニュースについての一考察とマスコミの責任 »

【有料メルマガのご案内】 「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界 5 ボコハラムから見るイスラム原理主義と地域独立の融合

「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」
第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界
5 ボコハラムから見るイスラム原理主義と地域独立の融合
 チェチェン紛争のところから、「地域独立テロ」と「イスラム原理主義テロ」が融合する姿を見てきました。
  実際に、他の宗教においても、同様に「宗教的なバックグラウンド」が、地域運動を後押ししたり、あるいは、地域独立ということで戦争やテロを起こすということが出てくるようになっています。
  実際に、テロには限りませんが「宗教」が、その信者の状況を「領域をもって」確保しようとした瞬間に、宗教を理想とした国家の建設につながるので、そのような形になってしまうのです。
  イスラム以外にもそのような例があると申し上げました。
  実際に、日本であっても戦国時代の本願寺勢力などは、そのような感じであって、加賀一向一揆などは、そのまま加賀の国を支配して、戦国大名のようにふるまっています。
  石山本願寺に陣取った本願寺顕如は、雑賀の鉄砲隊あ毛利水軍と組んで、織田信長の軍と十年も戦ったのですから、現在のISテロなどよりもかなり大きな勢力であったのではないでしょうか。
  国際社会に目を転じれば、もっともう埋め稲野はユダヤ教徒によるイスラエルの建国ではないでしょうか。
  実際に、その建国に伴ってパレスチナとの間で中東戦争に発展しており、現在もゴラン高原などに、国連軍が派遣されています。
  また、宗教と国家が融合した例で言えば、イランイラク戦争も、イスラム教内のスンニ派とシーア派、そこに、石油利権などが重なって戦争になっているのですから、様々な状況が出てきているのではないかと考えられるのです。
  では、現在話題になっているものはどうでしょうか。
  そこで、現在話題になっているテロの地域と宗教の関係を、まずは概説的に考えてみましょう。
  この第17話で扱うのは、まずは・・・・・・・
・・
・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは明日発行される有料メルマガに書いています。
有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html

|

« 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること | トップページ | マスコミ批判に関する一考(355) あふれるフェイクニュースについての一考察とマスコミの責任 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65596329

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】 「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界 5 ボコハラムから見るイスラム原理主義と地域独立の融合:

« 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること | トップページ | マスコミ批判に関する一考(355) あふれるフェイクニュースについての一考察とマスコミの責任 »