« 【土曜日のエロ】 犯人が漫画の手口をまねしたといって表現の自由が阻害されるという「エロ事件」と漫画家に申し入れる警察の愚 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(352) 視聴者同様に俳優女優もドラマ離れしてゆく現在テレビの斜陽産業化 »

【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界 2 民族型テロの特徴

「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」
第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界
2 民族型テロの特徴
 前回は宗教型のテロと、民族型のテロという二つの違いがあるということを説明しました。
 もう一つは「生活困窮系」なので、まあ、何とも言えないところがあります。
  このほかに「政治系テロ」があります。
  日本では「日本赤軍」や「過激派」といわれる人々が有名ですが、基本的には、宗教系とあまり変わらない状況なので、ここでは違う場合だけあえて記載しますが、政治系テロは宗教系と同じであると認識していただいてよいような気がします。
  さて、上記の二つのテロに関して言えば、「どのような差」があるのでしょうか。
  その理念や考え方の違い、あるいはホジャの勢力との対立点に関しては前回ご説明しました。
  では、具体的には、というか「テロの形態」としては何が変わるのでしょうか。
  一つ大きく違うのは「テロを行う範囲」が変わるということになります。
  宗教系テロの場合は、「敵対宗教」の信者に対して行うということになります。
  そのために、例えばイスラム原理主義テロが、キリスト教を大将にテロを起こすという場合に関して言えば、当然に「キリスト教徒がいいるところ」すべてがテロの現場となりうるということになります。
  いわゆるISテロが、イギリスのロンドンやフランスのパリ、それに、アメリカなど様々なところで発生するというのは、そのようなことから言われることになります。・・・・・・
・・
・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは明日発行される有料メルマガに書いています。
有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html

|

« 【土曜日のエロ】 犯人が漫画の手口をまねしたといって表現の自由が阻害されるという「エロ事件」と漫画家に申し入れる警察の愚 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(352) 視聴者同様に俳優女優もドラマ離れしてゆく現在テレビの斜陽産業化 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65508743

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第17話 テロ報道に見る地域独立紛争と近代国民国家の限界 2 民族型テロの特徴:

« 【土曜日のエロ】 犯人が漫画の手口をまねしたといって表現の自由が阻害されるという「エロ事件」と漫画家に申し入れる警察の愚 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(352) 視聴者同様に俳優女優もドラマ離れしてゆく現在テレビの斜陽産業化 »