« BBCが放送した「日本の若者のセックスレス」に関して日本文化と若者に思うこと | トップページ | »

【土曜日のエロ】 「健康法としてのエロ」は有効か?という観点から見た「喜び組」の存在意義

【土曜日のエロ】 「健康法としてのエロ」は有効か?という観点から見た「喜び組」の存在意義
 政治の政界では、かなり悪者になっている北朝鮮の金一族であるが、ある意味において「科学の発展」や「非科学と科学の融合」、もっと言えば「ばかばかしいことを真剣に行うという壮大な無駄の中から生まれる貴重な発見」などは、基本的に、だれかばかばかしい独裁者による壮大な無駄遣いからしか生まれないということになる。日本の高度経済成長も、モーツアルトなどの芸術も、科学の発展も、日本の歴史学ではすべて経済合理性などの話で発展したということになる。しかし、そもそも「無駄」ということが最もすべての物を発展させるものである。そもそも戦争というのは完全に「無駄」の集合体であるが、戦争から発展したグッズは実は山ほどあるのではないか。ペットボトルや缶詰などは、当然のこと、ラップやカーナビなどもすべてその内容であるし、キャタピラーなども戦争から発展したものだ。
  さて、何も今日「土曜日のエロ」で戦争の話をすることなどはない。当然に「無駄」という中で、「健康法」は無駄に入るのかどうかはわからないが、その「健康法」という名称にした「エロ」ほど無駄なものはない。日本などでそのようなことをしてしまえば、当然に、批判の的であるし、そもそも犯罪になるのであろうか、しかし、独裁国家の独裁者が、自分の健康法だとしてエロを肯定することは、だれも否定ができない。科学者というのは、そのエロを科学の力を総動員して肯定する根拠を作り上げることになるし、また、倫理観や宗教観は、哲学的な意味を含めてエロを肯定することになる。
  まさに「生への執着」が「性への執着」に代わるのである。まさに「長生きの欲・煩悩」が、そのまま「性への欲と煩悩」とリンクする問うことになるが、これこそ「壮大な無駄」と「独裁国家」でしかありえない状況なのである。
  さて、北朝鮮の金日成主席の健康法は「少女との性交」であるという。まあ、若い女性との性交を健康法に挙げる権力者は少なくない。しかし、現代社会でそのようなことが存在するというのはなかなか面白い。
  その記事を今日は扱ってみようと思う。
金日成の健康法は少女からの輸血や少女との入浴など
 絶対的権力と富を手に入れた独裁者が、最後に求めるのが不老不死の肉体だ。己の命のためなら手段を選ばない。北朝鮮の初代国家主席・金日成の「生への執着」はどんなものだったのか。
 金日成は、健康管理、長寿に異常な執着心を持っていた。そんな金日成のために1976年に設立されたのが通称「金日成長寿研究所」。そこでは西洋医学と一線を画す、驚きの北朝鮮独自の医療技術が日々、研究されていた。後年、脱北した同研究所の研究者らにより金日成が試みたという健康法が明かされている。
 そのひとつが、北朝鮮北部から選抜された十代の処女たちからの輸血。処女の血には、白血球やヘモグロビン、良質なたんぱく質が豊富に含まれているからだという。処女の出身地が北部に限定されていたのは、「アメリカの侵略に遭わなかったため、血が汚れていない」という理由だった。少女たちは金日成との入浴も強要された。彼女たちから発散されるホルモンを吸収するためだという。
 また研究所では、鹿の角や高麗人参などを使用した精力増強剤のほか、冬虫夏草やオットセイのペニスなどを成分とする老化防止の秘薬も開発されていた。研究員らは、「それら秘薬の効果を確かめるため、金日成と同様の肥満体型の幹部たちを集めて人体実験を行っていた」ことを明かしている。
 国家の優秀な人材を総動員し、金に糸目を付けず妙な健康法に明け暮れた独裁者は82歳でこの世を去った。当時の北朝鮮男性の平均寿命67歳を大幅に上回る長寿だった。
※SAPIO2017年8月号
2017年07月16日 16時00分 NEWSポストセブン
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12180-581065/
 北朝鮮北部から選抜された十代の処女たちからの輸血。処女の血には、白血球やヘモグロビン、良質なたんぱく質が豊富に含まれている<上記より抜粋>
  少女たちは金日成との入浴も強要された。彼女たちから発散されるホルモンを吸収するためだという。<上記より抜粋>
  さて、この二つの文章、何ともいい感じではないか。これをやらせてくれるならば、世界中、一気に北朝鮮を好きになるのではないか。まあ、まずは「少女との会話」というのは、少なくとも精神的に明るい材料である。基本的に「若者と一緒にいる」というのは、若者の感覚に近づくということであり、身体も自然とその内容に近いようにしようということになるのであるから、当然に、健康的ではある。また「性欲」というのは、当然に、「生命の源」であり、そのために「元気に生きる」ということから、それなりに健康にもなるのではないか。少なくとも「欲」がある人の方が生への執着があるのだから、当然に、長寿になるものだ。
  さて、いま日本では「健康寿命」ということが注目されつつある。長寿といっても寝たきりではなく健康で長生きしたいというのであろう。では、その健康での長生きという時に「健康で何をするのか」ということになる。基本的に金日成のように「独裁的権力者」であれば、死に際に子供ができてもその子供の成長や生活に問題があるとは思えない。その場合に、「子供を作る」ということが一つの「健康な状態の印」になり、その健康寿命において、非常に重要なファクトの一つになっているのではないか。
  さて、そのように考えれば、「少女との入浴」や「性交」(記事に性交はないが当然にやっていたと思われる)および「輸血」に関しては、長寿そのものというよりも「健康寿命」という面、特に「精神面における健康」ということに関して、かなり大きな方法の一つではないか。
  では何が無駄なのか。この「研究所」なるところで「科学的に証明しようとする」とろが非常に無駄ではないか。つまりは「金日成の性欲を肯定する論理」を作っただけであり、その論理を考えるだけの労力と知恵を他に使えば、もっと良いことになるのではないかという気がしてならないのである。しかし、逆にこのようなことをすること、つまりは「無駄を推進すること」こそ、様々な発展がある。問題は、この内容は「かなり高度な性の科学」であると思うが、それが「金日成の色ボケの結果」で終わってしまうことが悲しい。
  この論理を、ぜひ、日本でも広めていただき、老人の健康法として「少女との入浴」な度を取り入れてみたいものである。そのようなことをした方が「明るい老後」が待っており、そのために、頑張る人も少なくなくなるのではないかという気がしてならない。何も「少子化」などといっていないで、このようなことを考えることも、社会的な発展になるのではないかという気がしてならないのである。もちろん「ある一定の金額以上の納税者」とか決めなければならないとは思うが、「エロで経済と社会を発展させる」ということの先駆者こそ金日成なのかもしれない。

|

« BBCが放送した「日本の若者のセックスレス」に関して日本文化と若者に思うこと | トップページ | »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65561574

この記事へのトラックバック一覧です: 【土曜日のエロ】 「健康法としてのエロ」は有効か?という観点から見た「喜び組」の存在意義:

« BBCが放送した「日本の若者のセックスレス」に関して日本文化と若者に思うこと | トップページ | »