« もうすぐ「北戴河会議」というタイミングで出てきた「習近平周辺の腐敗スキャンダル」と「その隠蔽」と「会議の行方」 | トップページ | 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること »

南シナ海・東シナ海で膨張を続ける中国の横暴と世界的な非難の先にあるもの

南シナ海・東シナ海で膨張を続ける中国の横暴と世界的な非難の先にあるもの
 北朝鮮での核開発とその核開発によって行われている米朝機器ということが一つある。このことを「半島危機」というようなことを言うような人がいると聞いたことがあるが、あえて「日本海危機」というようにしてみよう。まさにカールビンソンや北朝鮮の潜水艦などの動きを考えれば、また、北朝鮮の核ミサイル実験の着弾地点を考えれば、基本的に「日本海危機」と言っても問題はないであろう。
  あえて「日本海」としたのは、これからいう「中国」との関係に血のいても「海」を中心に話を進めようと思うからである。単純に尖閣諸島の問題を「東シナ海危機」そして、南沙諸島他の内容を「南シナ海危機」というようにしてみれば、中国がいかに海を中心に拡大を続けているのかということあがよくわかるのではないか。
  基本的に「東シナ海危機」の中には、尖閣諸島だけではなく、南西諸島、つまりは沖縄や与那国島なども含まれ、それに相まって台湾海峡と、台湾との関係関してもかなり大きな問題になっているのではないか。単純に、台湾と沖縄に関しては、「アメリカとの関係」があるり同時に国防の問題がある。その国防の問題において、中国がなぜか日本に関しても台湾に関しても内政干渉をしているのである。今、沖縄で行われているようなアメリカ基地反対運動の常軌を逸した行動などはすべて、中国の内政干渉であるというようなうわさもあり、その真相は不明であるが、実際に米軍基地がいなくなったのちに、中国軍が北ら、どのようになるのであろうか、というような感覚も非常に多く感じるのである。
  台湾に関しても同様の問題があり、それが一足先に来てしまっているのが、南シナ海であるということが言える。
  「南シナ海問題」は、そのまま南シナ海における環礁の埋め立てと、その環礁にける軍事基地化であり、その軍事基地において長距離の爆撃機もすべて出てきているというような形になってしまえば、当然に、南シナ海を航行する船だけではなく、南シナ海を中心にしたフィリピンや台湾、そして日本においても「航空機搭載型の長距離ミサイル」による攻撃が想定されることになるのである。
  これ等の「危機」は、すべて「ミサイルと攻撃機」による軍事作戦の一部でありなおかつ、その内容に対して、どのように考えるのか、そして中国とどのように対処するんかということ非常に大きな問題になっているのではななかろうか。
中国の爆撃機、異例の台湾海峡飛行 台湾側は緊急発進
 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は25日、中国空軍の轟(H)6爆撃機1機が同日午前、台湾海峡の中間線に沿って飛行したと発表した。台湾海峡での爆撃機の飛行は極めて異例。台湾側は戦闘機を緊急発進させた。13日以降、中国機の台湾周辺への接近が相次いでいる。
 国防部によると、H6は中国内陸部での訓練を終えた後、中台間の事実上の停戦ラインである中間線の西側を南から北に飛行して所属基地に帰還した。
 中国軍は13、20、24日にもH6などに宮古海峡を通過させ、その前後に台湾南東部に接近。20日は台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したとみられ、国防部は戦闘機を派遣した写真を21日に公表している。
 
産経ニュース 20170725
http://www.sankei.com/world/news/170725/wor1707250025-n1.html
中国戦闘機、米偵察機に90mまで接近…米報道
 【ワシントン=大木聖馬】米FOXテレビは24日、複数の米政府当局者の話として、米海軍電子偵察機EP3が23日に東シナ海の上空を飛行中、中国軍のJ(殲)10戦闘機2機に飛行を妨害されたと伝えた。
 中国軍機のうち1機は約90メートルまで米軍機に異常接近し、米軍機は衝突回避のため、針路の変更を余儀なくされたという。
 同テレビによると、米軍機が妨害を受けたのは、中国山東省青島から南に約150キロ・メートル離れた東シナ海の上空。5月中旬にも、中国軍機が東シナ海上空で米軍の気象観測機の飛行を妨害したと報じられた。
2017年07月25日 01時09分 読売新聞
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170724-50104/
ベトナム、資源掘削作業を中止…中国が脅迫か
 【プノンペン=吉田健一】英BBC(電子版)は24日、東南アジアの石油業界関係者の話として、ベトナムが6月下旬に始めた南シナ海海域での資源掘削作業を中止した模様だと報じた。
 ベトナム外交筋も作業中止を確認したという。
 報道によると、ベトナム政府が、同国南東沖約400キロ・メートルの南シナ海海域で掘削作業にあたっていたスペイン系企業に、掘削海域を離れるよう命令した。作業中止の理由についてベトナム政府は先週、同企業幹部らに対し、中国が、掘削をやめなければ同海のスプラトリー(南沙)諸島にあるベトナム軍基地を攻撃する、と脅してきたためと説明したという。
2017年07月24日 22時22分 読売新聞
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170724-50084/
 さて、今日は記事が三つ。
  「東シナ海の中での台湾危機」「東シナ海危機」そして「南シナ海危機」をひとつづず入れた感じである。
  まずは台湾の問題である。
  単純に「台湾の問題」を「国際関係」とするのかあるいは「一つの中国で認めているのだた中国の内部の問題」とするのかは、解釈がくぁれるところ。もちろん私の場合は、台湾は独立下政府であると考えているので、その支配領域の上空を敵対勢力の爆撃機kが通過するということにおいては、問題があると考えるものだ。台湾は、最近では国民党支持層においても「自然独」といわれる層が少なくないときく。これは、「生まれながらにして台湾は独立した政府であり、台湾独立などといっていること自体がおかしい」というような感じの人々である。その人々が増えてきた中で、中国共産党はその支配に向けて強硬な策をとるとみられており、その中の一つがこのような「威力外交」といわれるものである。単純に、このことは十分に「威圧」であり「脅迫」であり、国連において禁止されている内容ということになる。一方で台湾の軍の上層部においては中国共産党にシンパシーを感じる「国民党」というよりは「外省人」といわれる人々が多く、そのために、その内容をいかに考えるかということが置きな問題になる。もっと言えば、中国共産党が本気戦争をするということになって、本当に台湾は戦えるのか、ということが大きな問題になるのである。もちろん、中国共産党はそこまで考えて行っているということになるのである。
  次に「東シナ海危機」である。米軍機に対しての内容は、基本的にオバマ大統領による融和外交によって。中国が膨張し、その膨張政策を、中国共産党の無い分権力闘争によって止められなくなった状況であり、その状況において、日本に自衛隊は絶対に攻撃をしてこない、という状態であり、その自衛隊だけではなく、日本にいるアメリカ軍に対する直接的な威圧に切り替わってきているということになる。単純に「限界に挑戦している」という挑発行為だろう。
  そして「南シナ海危機」である。これは単純に言えば、「軍事的な威圧によって地下資源開発を辞めさせた」ということであり、これは「軍事的圧力」だけではなく、普段の精かるや経済的行為に関しても大きな影響が出るということになる。ベトナムはその威圧に屈したということであり、非常に大きな問題である。
  さて、これ等の内容に関して言えば、「中国の膨張主義」であり、5年に一度の権力闘争において行われる問題であるといえる。
  さて、これがこのまま済むとは思えない。中国の横暴はどのようにして止め、だれが止めるのか、そのことが非常に大きな問題であり、それが世界の秩序を守ることになってきているのではないか。
 北朝鮮での核開発とその核開発によって行われている米朝機器ということが一つある。このことを「半島危機」というようなことを言うような人がいると聞いたことがあるが、あえて「日本海危機」というようにしてみよう。まさにカールビンソンや北朝鮮の潜水艦などの動きを考えれば、また、北朝鮮の核ミサイル実験の着弾地点を考えれば、基本的に「日本海危機」と言っても問題はないであろう。
  あえて「日本海」としたのは、これからいう「中国」との関係に血のいても「海」を中心に話を進めようと思うからである。単純に尖閣諸島の問題を「東シナ海危機」そして、南沙諸島他の内容を「南シナ海危機」というようにしてみれば、中国がいかに海を中心に拡大を続けているのかということあがよくわかるのではないか。
  基本的に「東シナ海危機」の中には、尖閣諸島だけではなく、南西諸島、つまりは沖縄や与那国島なども含まれ、それに相まって台湾海峡と、台湾との関係関してもかなり大きな問題になっているのではないか。単純に、台湾と沖縄に関しては、「アメリカとの関係」があるり同時に国防の問題がある。その国防の問題において、中国がなぜか日本に関しても台湾に関しても内政干渉をしているのである。今、沖縄で行われているようなアメリカ基地反対運動の常軌を逸した行動などはすべて、中国の内政干渉であるというようなうわさもあり、その真相は不明であるが、実際に米軍基地がいなくなったのちに、中国軍が北ら、どのようになるのであろうか、というような感覚も非常に多く感じるのである。
  台湾に関しても同様の問題があり、それが一足先に来てしまっているのが、南シナ海であるということが言える。
  「南シナ海問題」は、そのまま南シナ海における環礁の埋め立てと、その環礁にける軍事基地化であり、その軍事基地において長距離の爆撃機もすべて出てきているというような形になってしまえば、当然に、南シナ海を航行する船だけではなく、南シナ海を中心にしたフィリピンや台湾、そして日本においても「航空機搭載型の長距離ミサイル」による攻撃が想定されることになるのである。
  これ等の「危機」は、すべて「ミサイルと攻撃機」による軍事作戦の一部でありなおかつ、その内容に対して、どのように考えるのか、そして中国とどのように対処するんかということ非常に大きな問題になっているのではななかろうか。
中国の爆撃機、異例の台湾海峡飛行 台湾側は緊急発進
 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は25日、中国空軍の轟(H)6爆撃機1機が同日午前、台湾海峡の中間線に沿って飛行したと発表した。台湾海峡での爆撃機の飛行は極めて異例。台湾側は戦闘機を緊急発進させた。13日以降、中国機の台湾周辺への接近が相次いでいる。
 国防部によると、H6は中国内陸部での訓練を終えた後、中台間の事実上の停戦ラインである中間線の西側を南から北に飛行して所属基地に帰還した。
 中国軍は13、20、24日にもH6などに宮古海峡を通過させ、その前後に台湾南東部に接近。20日は台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したとみられ、国防部は戦闘機を派遣した写真を21日に公表している。
 
産経ニュース 20170725
http://www.sankei.com/world/news/170725/wor1707250025-n1.html
中国戦闘機、米偵察機に90mまで接近…米報道
 【ワシントン=大木聖馬】米FOXテレビは24日、複数の米政府当局者の話として、米海軍電子偵察機EP3が23日に東シナ海の上空を飛行中、中国軍のJ(殲)10戦闘機2機に飛行を妨害されたと伝えた。
 中国軍機のうち1機は約90メートルまで米軍機に異常接近し、米軍機は衝突回避のため、針路の変更を余儀なくされたという。
 同テレビによると、米軍機が妨害を受けたのは、中国山東省青島から南に約150キロ・メートル離れた東シナ海の上空。5月中旬にも、中国軍機が東シナ海上空で米軍の気象観測機の飛行を妨害したと報じられた。
2017年07月25日 01時09分 読売新聞
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170724-50104/
ベトナム、資源掘削作業を中止…中国が脅迫か
 【プノンペン=吉田健一】英BBC(電子版)は24日、東南アジアの石油業界関係者の話として、ベトナムが6月下旬に始めた南シナ海海域での資源掘削作業を中止した模様だと報じた。
 ベトナム外交筋も作業中止を確認したという。
 報道によると、ベトナム政府が、同国南東沖約400キロ・メートルの南シナ海海域で掘削作業にあたっていたスペイン系企業に、掘削海域を離れるよう命令した。作業中止の理由についてベトナム政府は先週、同企業幹部らに対し、中国が、掘削をやめなければ同海のスプラトリー(南沙)諸島にあるベトナム軍基地を攻撃する、と脅してきたためと説明したという。
2017年07月24日 22時22分 読売新聞
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170724-50084/
 さて、今日は記事が三つ。
  「東シナ海の中での台湾危機」「東シナ海危機」そして「南シナ海危機」をひとつづず入れた感じである。
  まずは台湾の問題である。
  単純に「台湾の問題」を「国際関係」とするのかあるいは「一つの中国で認めているのだた中国の内部の問題」とするのかは、解釈がくぁれるところ。もちろん私の場合は、台湾は独立下政府であると考えているので、その支配領域の上空を敵対勢力の爆撃機kが通過するということにおいては、問題があると考えるものだ。台湾は、最近では国民党支持層においても「自然独」といわれる層が少なくないときく。これは、「生まれながらにして台湾は独立した政府であり、台湾独立などといっていること自体がおかしい」というような感じの人々である。その人々が増えてきた中で、中国共産党はその支配に向けて強硬な策をとるとみられており、その中の一つがこのような「威力外交」といわれるものである。単純に、このことは十分に「威圧」であり「脅迫」であり、国連において禁止されている内容ということになる。一方で台湾の軍の上層部においては中国共産党にシンパシーを感じる「国民党」というよりは「外省人」といわれる人々が多く、そのために、その内容をいかに考えるかということが置きな問題になる。もっと言えば、中国共産党が本気戦争をするということになって、本当に台湾は戦えるのか、ということが大きな問題になるのである。もちろん、中国共産党はそこまで考えて行っているということになるのである。
  次に「東シナ海危機」である。米軍機に対しての内容は、基本的にオバマ大統領による融和外交によって。中国が膨張し、その膨張政策を、中国共産党の無い分権力闘争によって止められなくなった状況であり、その状況において、日本に自衛隊は絶対に攻撃をしてこない、という状態であり、その自衛隊だけではなく、日本にいるアメリカ軍に対する直接的な威圧に切り替わってきているということになる。単純に「限界に挑戦している」という挑発行為だろう。
  そして「南シナ海危機」である。これは単純に言えば、「軍事的な威圧によって地下資源開発を辞めさせた」ということであり、これは「軍事的圧力」だけではなく、普段の精かるや経済的行為に関しても大きな影響が出るということになる。ベトナムはその威圧に屈したということであり、非常に大きな問題である。
  さて、これ等の内容に関して言えば、「中国の膨張主義」であり、5年に一度の権力闘争において行われる問題であるといえる。
  さて、これがこのまま済むとは思えない。中国の横暴はどのようにして止め、だれが止めるのか、そのことが非常に大きな問題であり、それが世界の秩序を守ることになってきているのではないか。

|

« もうすぐ「北戴河会議」というタイミングで出てきた「習近平周辺の腐敗スキャンダル」と「その隠蔽」と「会議の行方」 | トップページ | 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65582847

この記事へのトラックバック一覧です: 南シナ海・東シナ海で膨張を続ける中国の横暴と世界的な非難の先にあるもの:

« もうすぐ「北戴河会議」というタイミングで出てきた「習近平周辺の腐敗スキャンダル」と「その隠蔽」と「会議の行方」 | トップページ | 【土曜日のエロ】 入店客数が少なくなったと奉じられる「ラブホ」の中で行われていること »