« 【土曜日のエロ】 市営のヌード専用エリアを作る「芸術の都」パリの変態性と開放性 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(360) 政治的な事情で国家の緊急事態に対応できない韓国のマスコミ »

【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第18話 トランプ政権になって最も「輝きを増した」プーチン大統領の野望と弱点 2 「戦争をしやすい国」の条件

「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」
第18話 トランプ政権になって最も「輝きを増した」プーチン大統領の野望と弱点
2 「戦争をしやすい国」の条件
 まずはロシアの前に、最近話題になっている北朝鮮の話をしましょう。
  「またか」と思わないでください。
  北朝鮮の核ミサイルの開発の話からロシアの話をしたいと思っているので、しばらくお付き合いください。
  ところで戦争をしやすい国というのはどのような国なのでしょうか。
  これには五つの特色があります。
  それは「独裁国家」「軍事国家」「構造的暴力」「民族主義」「戦争コストの低下要因」の五つの要素のうち多くがそろっているということです。
  先じ第一に「独裁国家」ということに関して考えてみましょう。
  通常、政府というのは国民の意思によって成立しています。
  それは民主主義の場合だけということを言う人がいますが、それは必ずしもそうではありません。
  例えば、宗教中心の国家の場合や、あまりあり得ないとは思いますが原始共産主義で国家などはあまり関係ないというような人々の場合は、民主主義ではなくても国民の同意が取れている場合があります。
  基本的に、君主が素晴らしければ、国民は毎日の生活を中心に考えるので、そこまで政治に口を出すことはしません。
  基本的に、自分の生活が不自由であったりあるいは自分よりも劣っているという人がでかい顔をしていたり、あるいは、何等か自分の力ではどうにもならない、あきらめのつかない悲しい事項が起きた時に、政治に対して不満が出るのです。
  ですから、古代のポリス国家など、・・・・・・・・・・・・・
・・
・・~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有料メルマガもやっています
この続きは明日発行される有料メルマガに書いています。
有料メルマガ「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」でお楽しみください。
無料メルマガでは話せない内容が盛りだくさんです。
毎週月曜日発行で、月400円(税別)です
この文章は明日の先出です!!
また申し込み初月は無料ですので、ちょっと覗いてみたいと思う方は、ぜひ一度申し込んでみてください。
多分本で読むより安いと思います。
申し込みは
http://www.mag2.com/m/0001647155.html

|

« 【土曜日のエロ】 市営のヌード専用エリアを作る「芸術の都」パリの変態性と開放性 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(360) 政治的な事情で国家の緊急事態に対応できない韓国のマスコミ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65757711

この記事へのトラックバック一覧です: 【有料メルマガのご案内】「宇田川敬介の日本の裏側の見えない話」 第18話 トランプ政権になって最も「輝きを増した」プーチン大統領の野望と弱点 2 「戦争をしやすい国」の条件:

« 【土曜日のエロ】 市営のヌード専用エリアを作る「芸術の都」パリの変態性と開放性 | トップページ | マスコミ批判に関する一考(360) 政治的な事情で国家の緊急事態に対応できない韓国のマスコミ »