« 「北朝鮮以上に国際的に誰にも相手にされない国」の根拠のない自信と国際感覚の全くない危機感ゼロが招く韓国の孤立化 | トップページ | 関東大震災の慰霊の日に朝鮮人の追悼を求める動きについての個人的一考 »

普段「公平性」ということを書いているのでネタはないのだが一応代わり映えのしない民進党の執行部人事について書いてみる

普段「公平性」ということを書いているのでネタはないのだが一応代わり映えのしない民進党の執行部人事について書いてみる
 民進党の代表選挙が9月1日に行われた。事前の下馬評の通り前原誠司元外務大臣が、枝野幸男元官房長官を破って民進党の代表となった。まあ、民進党は人材不足というか、基本的に、今まで書く量をやった人間か、もしくは代表や幹事長などの党の役員をやった人間しか出てこない。まあ、自民党といえどもそのようなものであって、基本的に「ニューリーダー」というのはなかなか出てこない状況になっている。小選挙区制度とは推すいうものかっも知れないし、または今のように「足の引っ張り合い」の政治では、目立つ人はいても、日本の将来を任せられる人はいないというような感じになってしまうのではないか。
 そんな日本の閉塞感が如実に表れた感じになっているのではないか。まあ、前原氏に期待し無いわけではないが、ある意味で「批判政党」の中でまともに政策が出ない政党の内容をいかに研究しても、その代表になろうとも何の意味もないのではないか。しかし、人間という生き物は非常に不思議なもので、批判することになれてしまった場合、それが自分の仕事だと思い込んでしまい、それ以外のことをしなくなってしまう。民進党というのは「政権担当能力政党」ではなく、政策が出せない「万年批判政党」になってしまった。だから、批判政党のままの人材で、そのまま同じことができるのではないか。
 このように書くと、「安倍首相も二回やっている」などという批判をする人がいる。そもそも「政策を出している人と批判しかしていない人」を同じに考えるのは難しい。まあ、本人たちは、政治をやっているかのように思っているかもしれないが、どう考えてもそのようには見えない。そのことは支持率に如実に表れており、基本的に政権の支持率が下がっていても、また、政権の不支持率が支持率を上回っていても、実際に、民進党の支持率が挙がることはない。これは、安倍首相・安倍政権はダメでも、民進党を支持することはないということであり、そのようになった原因を全く考えないということが現在も続いている。
 その中での代表の交代である。
民進・岸本氏「解党求める」 持論展開で和歌山県連内に波紋
 民進党県連の岸本周平代表(衆院和歌山1区)が、同党の「解党論」を主張している。1日に選出された前原誠司新代表に対しても、解党を求めていくことを明言した。しかし、県連内には、前原新代表のもと、一致団結して党勢を立て直したいという意見もあり、岸本氏の主張は今後、県連内でも議論を呼びそうだ。
 「新代表には解党を求めます」。1日の臨時党大会後、岸本氏は産経新聞の取材にきっぱりとした口調でこう言い切った。
 根底にあるのは、支持率が1ケタ台に低迷し続けている党勢への強い危機感だ。岸本氏は改選前議席を減らした7月の東京都議選後、抜本的な党改革を求める申し入れ書をまとめ、執行部に提出。8月には自身のブログに「『解党的な出直し』ではなく、解党して一からリセットし、野党再編の核になることを目指すべき」と持論を展開している。
 岸本氏は平成21年に衆院初当選して以降、「保守王国」とされる和歌山で、自民党候補者を相手に小選挙区での議席を守り続けてきた。民進党支持者だけにとどまらず、保守層からの支持も獲得する実力者として知られる。
 ただ、県連内では現状、前原氏による党立て直しへの期待感もあり、岸本氏の解党論がどれだけ浸透していくのかは未知数だ。ある県連関係者は、「前原新代表のもと、一丸となって頑張り、自民党に代わる勢力になれるように最大限の努力をしなければならない」とした上で、岸本氏の主張については「私は解党論者ではない」と困惑げに話した。
zakzak  20170902
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170902/soc1709020016-n1.html
山尾氏で刷新図る民進…難局への対応力は不透明
 民進党の前原代表が、党運営の要となる幹事長に山尾志桜里・元政調会長(43)を充てる人事を内定した。
 若い山尾氏の起用が、低迷する党のイメージ刷新につながるとの思惑があるとみられる。ただ、山尾氏は幹事長の仕事として最も重要な選挙関連の実務経験は乏しく、前原氏が掲げる共産党との選挙協力見直しや、野党再編といった難題に対応できるかどうかは不透明だ。
 前原氏は、代表選の論戦でも中堅・若手を抜てきする考えを示しており、この方針を貫いた格好だ。前原氏は2日、午前中のテレビ出演の後、都内ホテルの一室にこもり、代表選で自陣営の選対本部長を務めた大島敦・元総務副大臣や、側近の小川淳也衆院議員らと人事構想を練った。
読売新聞 20170903
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170903-OYT1T50006.html
 まともに言えば、民進党に着たしている人はすくないということである。そもそも、今回の代表選卿に関しては蓮舫議員の代表辞任から起こったものであるが、その代表の辞任ということに関して言えば二つの論点があった。一つの論点は、「二重国籍問題」である。しかし、もう一つの論点としては、「共産党との連携」ということである。
 この「共産党との連携」ということに関して言えば、このブログでは過去に何度も指摘しているように「選挙協力はするけれども、連立は組まない」という訳の分からないことを普通に主張できる民進党の今までの幹部の感覚がよくわからない。というのも、選挙というのは、基本的にはその後の政権の選択をしているのであり、その政権選択の時に、有権者に対して「選択肢を減らしている」という状況になっている。その選択肢を減らしてい、一緒に選挙をしていながら、その後政権では一緒にしないということになる。つまり、共産党しか出ていないところということになれば、「自民党(または公明党)」以外は政権可能性政党がない、ということになるのである。そのようなことを「平気で行える感覚」こそ、何か間違えているのではないか。その間違えているという感覚が、いまだにわかっていないということこそ、間違っているのである。その時点で「有権者のことを全く考えていない」ということになる。有権者不在の考えい方をしていれば当然に、支持を失ってしまうのは当然である。
 結局、枝野幸男を代表代行にした理、あるいは幹事長を山尾志桜里にする、というようなことをしても、結局は「批判しかしてこない、有権者のことを全く考えていない政党」を支持できるはずがないのである。そのような政党を「今まで一緒になってやってきた人」を代表にしても、期待は薄いということになる。
 そのことは民進党の中で声が上がる。そもそも、民進党の代表選挙で、「無効票が8」あった。これは「どちらの候補も支持しない」という議員が8人いるということであり、それは、単純に、「離党予備軍」ということになる。
 また「『解党的な出直し』ではなく、解党して一からリセットし、野党再編の核になることを目指すべき」<上記より抜粋>というような意見が出ていること自体、どのように受け取るのかということが最大の問題である。
 まあ、あまり期待していないというのはこのようなところである。いまだに共産党との共闘を言っていること自体、有権者の方を全く見ていないということの表れである。

|

« 「北朝鮮以上に国際的に誰にも相手にされない国」の根拠のない自信と国際感覚の全くない危機感ゼロが招く韓国の孤立化 | トップページ | 関東大震災の慰霊の日に朝鮮人の追悼を求める動きについての個人的一考 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/65757093

この記事へのトラックバック一覧です: 普段「公平性」ということを書いているのでネタはないのだが一応代わり映えのしない民進党の執行部人事について書いてみる:

« 「北朝鮮以上に国際的に誰にも相手にされない国」の根拠のない自信と国際感覚の全くない危機感ゼロが招く韓国の孤立化 | トップページ | 関東大震災の慰霊の日に朝鮮人の追悼を求める動きについての個人的一考 »