« 「安かろう悪かろう」を選んだラオスの「国民へのサービスのつもり」のダム建設が最も迷惑な形で結果が出た教訓 | トップページ | 【土曜日のエロ】 「人身売買」という人間取引が行われている移民中継地における「売る側の人」 »

<現代陰謀説> 国連と日本で呼称されている組織はいったい何なのか?

<現代陰謀説> 国連と日本で呼称されている組織はいったい何なのか?
 日本で国連といわれているものはいったい何なのであろうか。日本のあまり頭の良くないというか、物事を知らない、世界の醸成に無頓着で国際的な常識を著しく欠如した人々の中には、「国連」が世界政府であるかのようなことを言う人がいる。はっきり言って、大きな間違いである事は、言うまでもあるまい。
  国連を意味する車両などのイニシャルは「UN」となっている。本来「国際連合」を直訳すれば「international combination」「diplomatic intercourse combination」というような訳文になる。つまり「UN」にはならない。ではなぜ国連のイニシャルは「UN」なのか。それは、国連の正式名称が「the United Nations」であるからに他ならない。ではこれを直訳するとどのようになるのか。国連は本来国連などというのでなく「連合国」という言葉になるのである。
  「連合国」とは、複数の国々が連合しているものを指す。これが第二次世界大戦で使われた内容ということになると、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当するということになる。英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものである。「the united nations」(連合国)という言葉が初めて用いられたのは、第二次世界大戦中、日独伊の枢軸国と対戦していた26か国がワシントンD.C.に集まり、1942年1月1日、枢軸国への対決を明らかにした「連合国共同宣言(ワシントン宣言)」においてである。日本語においては戦時中の連合国と区別して「国際連合」と呼ばれる。一説には、当時の日本では「連合国」と訳文を出してしまうと、当時の帰還兵たちが、敵国であるとして佐渡戦争を始めてしまう可能性があるので、わざわざ異なる訳文を上げた、というよりはこの国司連合の前身である国際連盟に近い名称に、その連盟に復帰したかのような「錯覚」を使って国内を治めたというような説がある。
  いずれにせよ、国連というのは、基本的には「公平中立でなおかつ政府のように判断し他に支持するような団体」ではないのである。
国連総長「現金底つきそう」悲鳴 米国など分担金未払い
 国連のグテーレス事務総長が「すぐにも現金が底をつきそうだ」と、財政難を伝える文書を職員に出した。加盟国の分担金の支払いが遅れているためだ。
 グテーレス氏は25日付の文書で、「今回の現金不足は、かつてのものと異なる。現金収支がこの時期に、これほど低迷したことはない」と訴えた。そのうえで、業務に支障のない範囲で支出を削減する方針を示した。
 国連によると、26日時点で、193の加盟国のうち日本や中国、ドイツなど112カ国が分担金を払ったが、残り81カ国は未払いのまま。最も国連の財政に貢献している米国のほか、北朝鮮やイラン、イスラエルなどが含まれている。
 国連は、予算を支出する時期が国ごとに異なることは理解しているとしたうえで、未払い分の分担金の支払いを強く訴えている。(ニューヨーク=金成隆一)
朝日新聞デジタル 20180727
https://www.asahi.com/articles/ASL7W40ZZL7WUHBI00V.html
 さて、今回はその国連の予算に関しての問題である。国連の予算は、主に通常予算とPKO予算に分かれている。通常予算は、2年が単位である。事務総長が提出し、専門家から成る行政予算問題諮問委員会が審査する。そして、総会で承認される(国連憲章17条)。
  通常予算の主な財源は加盟国からの分担金であり、分担率は専門家から成る分担金委員会の勧告に基づいて、総会が承認する。分担率は基本的に加盟国の支払能力(全世界のGNPに占める加盟国の割合等)を考慮して決められる。しかし、多くの加盟国が分担金を滞納しており、国連の財政状況は不安定である。例えば、アメリカは、国連の組織と業務に無駄が多いとして、分担金の支払を制限している。
  新たな時代状況に対応した国連組織の抜本的改革を求める動きが強まってきた。その中でも
  (1)安全保障理事会改革
  (2)敵国条項の削除問題
  (3)信託統治理事会の改編問題
  などがある。さらに国連総会を含めた国家を単位としその利害に影響される現在の意思決定方法から脱却し、世界の市民、立法者の意思が直接反映される国際連合議会会議の創設が構想されている。これらの改革には国連憲章の改正が必要である。
  つまり「国選における無駄」や「国連が加盟国にとって期待するサービスを提供していない」ということが最大の問題であるということになる。
  ではなぜそのようになってしまうのであろうか。単純に、「各国家のエゴと国際連合の各国家1票といういい決定、そして拒否権の問題」があり、結局は、拒否権を持った国のエゴということになる。つまり、アメリカ・ロシア・中国・イギリス・フランスの支配があり、そのうえで、国連を金銭的に支配している人々(秘密結社または軍産複合体や石油メジャーのような団体などを含む。時代によって変わる?)の思い通りになってしまう。。ある意味で「民主主義的決裁方法の限界」がそこにあり、そして各国のエゴが渦巻く中での連合体において様々な陰謀の舞台になっている。「人権」「ウーマンリブ」すべて国連発の陰謀である。そしてその中に様々な問題が潜んでいるのである。
  国連解体論が出てきている。実際に戦後70年以上世界で戦争が無くなった事はない。それで国連の役目が果たされているのか。大きな問題ではないのか。

|

« 「安かろう悪かろう」を選んだラオスの「国民へのサービスのつもり」のダム建設が最も迷惑な形で結果が出た教訓 | トップページ | 【土曜日のエロ】 「人身売買」という人間取引が行われている移民中継地における「売る側の人」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/67011119

この記事へのトラックバック一覧です: <現代陰謀説> 国連と日本で呼称されている組織はいったい何なのか?:

« 「安かろう悪かろう」を選んだラオスの「国民へのサービスのつもり」のダム建設が最も迷惑な形で結果が出た教訓 | トップページ | 【土曜日のエロ】 「人身売買」という人間取引が行われている移民中継地における「売る側の人」 »