« マスコミ批判に関する一考(404) 新聞を読む方が正答率がアップするという報道の疑問と印象操作 | トップページ | 杉田水脈氏の「女性の生産性発言」にかんする「表現の自由」と「自民党の指導」と「社会への配慮」 »

東京医科大学の「女性限定原点問題」に関しあえて女性に対して意見をしてみたい

東京医科大学の「女性限定原点問題」に関しあえて女性に対して意見をしてみたい
 入試というのは、その人の一生を決める大きな問題である。そのために公平公正な診査が必要であるとされている。また、そのことを期待する人も少なくない。今回の問題は「性別」を理由に「不当に」減点されたということが大きな門打であるとされている。
  私自身、大学受験ではかなり苦労したほうで、二年も浪人している経験上、確かに審査で不正があれば怒り心頭であろうことはよくわかる。もしかしたら自分は合格していたかもしれないということは、かなりさまざまに思うところがある。その意味で今回の事件は「許せない」と思う反面、ある意味で「そんなもんではないのか」というような気もするところがある。
  さて、今回はあえて大学側の立場に立って「弁護」してみようと思う。我ら法学部出身の人間は、疑似法廷などをしていることが少なくなく、そのために、「明らかに悪人であるとしても弁護をする訓練」ということをするのであるが、今回はそれを援用して東京医科大学側にたって、この問題に関して弁護してみようと思う。
  なぜそのようなことをするのか、といえば、マスコミも社会もみな一色になって東京医科大学を非難しているのであるが、どうもそれが「いじめの構造」に見えて仕方がないのである。元来、天邪鬼的な性質があるということ、それと、これを放置すれば今治の獣医学部のように、何の問題もない学生に対しても非難の矛先が向いてしまうのではないかというような気がしてならないので、そのようにならないように「大学側の論理と思われるものを推定して、その内容を弁護する」ということをあえてしてみようと思う。
  さて、まず第一の問題であるが、そもそも東京医科大学は「私立大学」である。次第の場合、当然に私大独自の審査基準があってよい。例えば宗教的な大学が、特定主教に入っていることを加点要因としても問題はないし、また、私大が独自の校風に基づいて、独自の入試課題を設定るすることも何らおかしな問題ではない。もちろん、中には「寄付金の金額によって診査を考える」というところもあるであろうから、私大に関してはその私大の方針や校風などに基づいて審査をすることはある程度の裁量が認められているということになるのではないか。
  ましてや、「女子大」という存在があり、男性が入ることどころか受験資格もないのにかかわらず、その存在は認められていて、東京医科大の場合は、女子江おw多少原点したということであれば、女子大の存在よりもはるかに良性に平等であるということになる。なぜ、問題にしている人は女子大の存在を問題視しないのか。
離職の恐れで女性医師敬遠、関係者「必要悪だ」
 東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で、同大が女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが明らかになった。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。水面下で女子だけが不利に扱われていたことに対し、女性医師や女子受験生からは「時代遅れだ」との声が上がる。
 「いわば必要悪。暗黙の了解だった」。同大関係者は、女子の合格者数を意図的に減らしていたことについてそう語る。
 この関係者によると、同大による女子合格者の抑制は2011年頃に始まった。10年の医学科の一般入試で女子の合格者数が69人と全体(181人)の38%に達したためだ。医師の国家試験に合格した同大出身者の大半は、系列の病院で働くことになる。緊急の手術が多く勤務体系が不規則な外科では、女性医師は敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれているという。
読売新聞 20180801
https://web.smartnews.com/articles/2WocvJtKduT
東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制
 東京医科大(東京)が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが関係者の話でわかった。女子だけに不利な操作は、受験者側に一切の説明がないまま2011年頃から続いていた。大学の一般入試で性別を対象とした 的な操作が明らかになるのは極めて異例で、議論を呼びそうだ。
 東京地検特捜部も、文部科学省の私大支援事業を巡る汚職事件の捜査の過程で、同大によるこうした操作を把握しており、同大は現在、内部調査で事実関係の確認を進めている。
 同大医学科の今年の一般入試は、数学・理科・英語のマークシート方式(数学の一部を除く)で1次試験(計400点満点)を実施。2次に進んだ受験者が小論文(100点満点)と面接を受け、1次の得点と合算して合否が決まった。
読売新聞  20180802
https://web.smartnews.com/articles/2WnuEGKVkc4
 さて、一方で東京医科大学側の意見を考えてみれば、「女性の離職率」ということが言われている。昔は、「女性」において「一般職と総合職」というものがあり、女性の場合は結婚をすることが前提であることから、転勤や残業の少ない「一般職」という制度があった。これが、いつの間にか「男女雇用機会均等法に抵触する」として、女性も何もすべて平等に扱うようにされてしまった。主に、当時の日本社会党「マドンナブーム」といわれた土井たか子投手の時以来の女性の権利の主張であり「ウーマンリブ」などというようなことまで言われ社会現象を作り出した。
  しかし、どんなに頑張っても、また、男女平等の問題があっても、男性と女性は全く違う。何よりも「子供を産むことができるのは女性だけ」である。珠五で埋めるような状態であればよいが、そこまで医学は進歩していないし、また、そのようになったといても倫理的にどうかというようなことまで考えなければならない。
  そのように考えた場合、女性が仕事をするという場合、「子供」「家庭」そして医師の場合は「患者」という三つの主体を考えて、その相手に合わせなければならない。もちろん、そのようなことがあった年ても働ける職場環境が必要問うことになると思うが、実際は「患者」は待ってくれない。子供が生まれるから治療を待ってほしいというわけにはいかない。また医学の技術は日進月歩であり、少しのブランクはそれを埋めることができなくなる場合も少なくない。もちろん、そのことを服飾がカバーできる人もいるが、子供や家庭を優先したいという価値観の人もいるのである。
  さて、一般の就職の場合は良いが、「弁護士」「医師」など「士業」といわれる国家試験の職業は、毎年その合格人数が決められており、その国家資格は、日本のその職業の需要数と知識レベルに合わせて設定されている。つまり、離職率が高いということは、それだけ、医師の数が少なくなるということを意味しており、それは社会的に大きな問題になるということになるのだ。
  実際に「女性の権利」を言う声は大きいが、しかし、では医師になったということに関する「社会に対する責任や義務」は全く感じなくてよいというのであろうか。あるいは、そのような「働く環境まですべて社会の責任を押し付け、女性は権利だけを主張する存在でよいのか」ということになる。
  このようにかんがえると、一概に「女性の減点」ということに関して、祖の現象だけを問題する羽ことはおかしいのではないか。
  この問題、「女子大の存在」と同じように「東京医大は女性を減点します」と初めから宣言して予告していればよかったのではないか。それでもあえて東京医大をでた「女医」は優秀であるということになるし、また、祖の価値も高まる。知らないうちにやっていたということが大きな問題ではないかという気がするのである。

|

« マスコミ批判に関する一考(404) 新聞を読む方が正答率がアップするという報道の疑問と印象操作 | トップページ | 杉田水脈氏の「女性の生産性発言」にかんする「表現の自由」と「自民党の指導」と「社会への配慮」 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115684/67027844

この記事へのトラックバック一覧です: 東京医科大学の「女性限定原点問題」に関しあえて女性に対して意見をしてみたい:

« マスコミ批判に関する一考(404) 新聞を読む方が正答率がアップするという報道の疑問と印象操作 | トップページ | 杉田水脈氏の「女性の生産性発言」にかんする「表現の自由」と「自民党の指導」と「社会への配慮」 »