« 紛糾APEC首脳会議から見る米中貿易戦争の行方 | トップページ | ウイグル族に対する中国の人権を無視した内容に対する世界各国の反応と日本の冷ややかな対応の間にあるもの »

北方領土返還という大事業において「2島返還」と「先人の行った条約」の重み

北方領土返還という大事業において「2島返還」と「先人の行った条約」の重み
 まずは1956年の日ソ共同宣言というものがわかっていなければこの話はできない。
<以下抜粋>
  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
日ソ共同宣言
 正式には「日本国とソビエト社会主義共和国連邦との共同宣言」。 1956年7~8月の重光全権団,9月の松本全権団に続いて 10月に訪ソした鳩山首相を団長とする全権団の交渉の結果,モスクワにおいて同月 19日に両国間で署名され,12月 12日発効した。発効とともに,日本はソ連をはじめとして東側諸国と国交を正常化した。宣言は,戦争状態の終結,外交関係の回復,国連憲章の原則の確認,相互の内政不干渉,日本の国連加盟の支持,抑留日本人の送還,戦時請求権と賠償の相互放棄,漁業条約の発効 (→日ソ漁業条約 ) ,漁業資源の保護などについて規定した。領土問題については意見の一致をみず,国交樹立後に平和条約締結交渉を継続することとし,平和条約締結後に,歯舞 (はぼまい) 諸島と色丹 (しこたん) 島などが日本に引渡される旨が明らかにされた。
  <以上国際百科事典より抜粋>
  さてこの合意を行ったのは鳩山一郎内閣である。後の鳩山由紀夫首相の祖父に当たり、なぜかソ連との国交回復に非常に情熱的に取り組んだ人物である。ちなみに鳩山一族にはモスクワ大学で教鞭をとっているような人物もいて、何か特別な関係があるのではないかという気がするのは私だけではなかろう。
  もちろん、この共同宣言がおかしいというのではない。東西冷戦の影響で、大東亜戦争におけるサンフランシスコ講和条約にソ連や中国共産党を含む数カ国が署名していない。日本はそれらに対して、個別に講和条約を結ばなければならず、それに向けた内容をしなければならなかったはずだ。それでなければシベリア抑留やそのほかの問題は非常にマイナスになっていた。その時の置かれた状況を理解しないわけではない。
北方領土“米軍置かず” プーチン氏が日米合意要求
 北方領土交渉を巡り、ロシア側が北方領土を日本に引き渡した場合にアメリカ軍の基地を置かないことをプーチン大統領が日米の首脳の間で公式に合意するよう求めていることが分かりました。
 日ロ関係筋によりますと、プーチン大統領はこれまでの会談で、北方領土を日本に引き渡した場合にアメリカ軍の基地を置かないことを安倍総理大臣とトランプ大統領の間で公式な文書で合意し、確約するよう求めているということです。プーチン大統領はこれまで、北方領土にアメリカ軍が展開してくる可能性があるとの懸念を示したことはありましたが、日米の首脳間の合意を求めていることが分かったのは初めてで、日本にとっては高いハードルといえます。ロシア政府関係者によりますと、日米の間での非公式な合意では将来、ほごにされる可能性があるため、首脳間の公式な合意を求めているということです。
テレ朝news 20181115
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000140758.html
 問題は、「日ソ共同宣言」の時の鳩山内閣に「正当な領土の主張」や「条約という感覚がない」ということが一つあげられる。
  日本はポツダム宣言の受託とサンフランシスコ講和条約によって、基本的には、千島列島の領有権の放棄をした。その状況は「ロシア(旧ソ連)」に領有権を渡したわけではない。まあ、その議論は後にすることにして、実際に当該ポツダム宣言の受託によって、その前の日露関係の条約が廃棄される。当時、日本とロシアの間の条約は、「ポーツマス条約」ということになる。つまり、千島と南樺太の領有や遼東半島の領有、南関東(中国東北三省)鉄道の施設件など、ポーツマス条約の内容が否定されたことになる。ではその前に日露間で行われた条約とは何か。
  国際関係は、全て条約になっている。日本という国家は、非常にアジアの国家らしく、この「条約」というものの感覚が鈍い。もちろん韓国や中国のように、初めから全く守る気がない国と日本を一緒にするつもりはない。しかし、日本というのはあまり近現代史に詳しくないのか、国内氏に対してはさまざまな感覚があるのか、いずれにせよその条約をもとに外交の関係をしっかりと考えることはないと考えている。そのような感覚から言えば、「ポーツマス条約」の前は、「千島樺太交換条約」である。つまりは、条約上の解釈で言えば日本は「千島列島の支配権を放棄する」といいつつ、サンフランシスコ講和条約の内容をサインしていないロシアとの間においては、千島列島の領有権を補油する条約が生きていることになる。そして千島の支配権を放棄するとしてその条約を排除する場合は、当然に、南樺太の共同統治に戻ることになる。
  さて、そのように考えると、ロシアと日本の間は、少なくとも現代の状況よりも日本の領土が増える結果になる。そのことをロシアは甘受できないことになる。安倍政権になってそのことを強く主張することになった場合、ロシア側は、国際社会の「条約を守る内容での交渉の進め方」に関して、ロシアが不利になることになる。要するに「交渉に応じるように仕向けた」ということになる。
  ロシアは中国とうまくやっているように見えながらも、そこはヨーロッパやアメリカとの関係でうまくやっているようにしている。しかし、日本との間には、そのようなわだかまりはない。プーチンはそのことをよくわかっているのである。
  さて、この内容で言えば、「4島でなければならない」というような意見が保守派と、一部野党から出ている。しかし、その内容はやはり「条約」というような感覚がないのかもしれない。
  あえていうが、交渉飲みで島と領土が帰ってくるという実績を日本が持つことはかなり重要ではないのだろうか。

|

« 紛糾APEC首脳会議から見る米中貿易戦争の行方 | トップページ | ウイグル族に対する中国の人権を無視した内容に対する世界各国の反応と日本の冷ややかな対応の間にあるもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 日本には、ロシアと平和条約を結ばねばならないと云う、強迫観念が在るのではないでしょうか。

 日本は、ロシアに対して何の義務も負っていないのです。
 日ソ不可侵条約を、破棄して、破棄後1年間は不可侵条約の効力は有効であるのに、条約に違反して日本を侵略したのは、ソ連でした。
 日本には、国境を画定したり、平和条約を締結する責任は皆無です。

 ロシアが、条約の違反と、日本兵のシベリア抑留に対する真摯な謝罪と賠償と北方領土四島の無条件の返還があって初めて、日本も平和条約を結べると云うものです。

 大体、ロシアと条約を結んでも、いつ何時、寝首を掻かれるか分かったものではない。
 であれば、ロシアに対して、こちらから、安い条件で、平和条約を結ぶ道理も、利益も在りません。
 また、平和条約を結ばないメリットとして、ロシアに対して警戒心を保つ事が出来ます。

 台湾とは、国交断絶しましたが、仲よくやってます。
 対して、中国・韓国は、国交を結び、援助をしましたが、足蹴にされました。

 ロシアと平和条約を結んで、援助をしても、碌な事には成らないでしょう。
 このままの状態で、付き合って行けば良いと思います。

 北方領土に付いては、ロシアが経済的に苦しく成ったら、日本が北方領土四島を買収するか、ロシアが北海道に侵攻してきたら、反動で押し返して北方領土四島を奪還すれば良いと思います。

 最後に、絶対、ロシアと四島返還以外の条件で、平和条約を結んでは駄目です。
 平和条約を結ぶ事により、ロシアの不正義が肯定される事に成り、やった者の勝ちに成ります。
 だとしたら、択捉・国後を、橋頭保として、北海道を侵略するかも知れません。
 平和条約を締結して、油断するよりは、締結しないで、ロシアを警戒している方が良いと思います。

投稿: 三角四角 | 2018年11月23日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土返還という大事業において「2島返還」と「先人の行った条約」の重み:

« 紛糾APEC首脳会議から見る米中貿易戦争の行方 | トップページ | ウイグル族に対する中国の人権を無視した内容に対する世界各国の反応と日本の冷ややかな対応の間にあるもの »