« 共産党政権が「武力を持ってでも統一する」としている台湾の総統選選挙の激化 | トップページ | 【土曜日のエロ】 女性ファッション誌に書かれた「人妻になってから持てる」という不倫の告白の解釈論 »

<現代陰謀説> この鳩山元首相の発言を「陰謀説」に入れてよいのかどうか迷ったが一応陰謀の中の一つとして考えてみるとこうなる

<現代陰謀説> この鳩山元首相の発言を「陰謀説」に入れてよいのかどうか迷ったが一応陰謀の中の一つとして考えてみるとこうなる
 陰謀説であるが、実際に陰謀なのかどうかわからないことが少なくない。まあ、多少気が振れた人がいて、その人の発言が解釈のやり方に寄っては予言者のような感じになったからといって、其の人が神の使いかどうかは全く分からない。「いっちゃってる人」が全く関係がなく適当に発言したのがそのまま採用されたのか、あるいは、神が宿っておかしくなっているのかもしれない。まあいずれにせよ、そのような場合というのは、その言葉を気に止めて、なおかつしっかりした解釈を付けた人が偉いのである。
  子のように「いう人」と「聞いた人」の連携でコミュニケーションというのは成り立つものであるはずであり、その前提として、その内容が語られる前提条件つまり環境があるはずになるのではないか。しかし、その前提条件がなく話が出てくるのが、「SNS」である。つまり、何の前提条件もなく、その設定もなく、その言葉が独立して飛んでくる感覚になるのであるから、SNSには注意が必要なのである。SNS全盛期になって、その内容がまさに大きな問題になるのではないか。
  さて、そのような場合は個人のパーソナリティが非常にものを言う。言葉がどうであっても「○○さんが言っているから」というような感覚になるのが普通である。そして同時にその感覚は「個人的な感想」というよりは「主観的な偏見」によって出てくることになるのである。
  さて、一国の首相にまでなりながら、かなり広範囲に「信用できない人物」となったのが鳩山由紀夫元首相ではないか。まあ、アメリカにルーピーといわれ、また相次ぐ亡国発言、そのうえ日本を辱めることが「友愛」であると思っているこの感覚に多くの人、それももともと民主党政権であったにもかかわらずその民主党にいた議員などからもかなり見捨てられているという状況なのである。
  その人が、なんと北海道の地震の後で「いっちゃってる発言」をしたのである。はっきり言って笑うしかないのであるが、これをあえて陰謀説的に解釈してみたい。
 
 
北海道地震は人災と断言「鳩山由紀夫」の科学的センス
 またも鳩山由紀夫元首相の発言が騒動を引き起こした。2月21日に北海道で発生した最大震度6弱の地震は、苫小牧沖で行われている二酸化炭素の地中貯留(CCS)が原因の、「人災」だとツイートした。地震発生の3時間前にも、CCSと地震の関係性について危機感を表明しており、“予言的中”と舞い上がったようだ。
 即座に反応したのが、道庁と道警。ともに、鳩山氏の発言を“流言飛語”と認定し、デマの書き込みに対する注意喚起をした。
 道警に聞けば、
「公的機関の情報周知を阻害する風説を、生活安全部が主体となって調べました。鳩山さんのツイートについても、リストアップした中に入っています」
 首相経験者が警察のリストに載るとは、情けない。道議会議員の一人は、「北海道の恥」と吐き捨てる。
「今回の震源地となった胆振(いぶり)地方は、鳩山氏の地元選挙区だった場所です。中選挙区時代から数えれば25年程の付き合いでした。余震に怯える人がまだ多く居るのにデマを流すとは……」
 そもそもCCSとは、地球温暖化対策として、二酸化炭素を地中深くに貯める技術のこと。鳩山氏は、注入する際の圧力や、貯留層の何らかの異変が今回の地震を誘引したと主張したいようだ。これについて、技術面の研究を行なっている「日本CCS調査」に聞くと、
「今回の震源の深さは33キロですが、貯留している場所は地下千メートルと相当な差があります。地震前後の圧力と温度のデータにも異常はない。昨年9月の胆振東部地震では、地震学会の会長を含む専門家が検証して、因果関係なしという結論が出ています。鳩山さんには慎重にご発言してほしいですね」
 いやいや、ご発言はもうしないでほしい。
「週刊新潮」2019年3月7日号 掲載
2019年03月06日 05時58分 デイリー新潮
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12280-210262/
 何度も書くが、「あえて陰謀説的に解釈する」ということになる。つまり、「本r内であれば何をバカなことを言っているのか」ということになるのであり、実際に北海道警察は完全に「デマ・フェイクニュース」として認定している。その根拠鵜は上記の記事のようなものである。
  では「なぜデマを流したのであろうか」ということになる。
  単純に鳩山氏のことから考えれば、「地球温暖化で1990年比20%温室効果ガス削減」を公約していて、その中で原発を推進し、そして、福島原発そのものの期毛年長をしたのも鳩山氏である。しかし、このほど「政局」から考えていきなり原発反対を言い始め、なおかつ、政権攻撃に打って出た。つまり「原発を推進する必要がなかった」「温暖化は解決した」ということをアピールしなければならない。
  そのように考えた時に出てきたのがCCSであろう。CCS技術は期待をキューブ状にして固形でそれを運ぶというものである。つまり、期待を常温で固形にする技術がありっそれで温室効果ガス問題を解決できるから原発は必要ないといいたいのである。
  まあ、はっきり言ってこのことが陰謀であるとは思えない。単純に、過去の栄光に囚われた、あまり頭の良くない元首相が、つじつまを合わせるために抱いてきたということになろう。
  しかしこれを陰謀説的にとらえると事情は変わってくる。つまり、「北海道の地か数千メートルのところにCCSキューブがあり、それが爆発すると、ほぼ同規模の地震になる確率がある」ということになる。鳩山氏が、敵国(中国または韓国・北朝鮮またはロシアなど)にそれをSNSを使って教えていたとなればどうなるであろうか。
  固形から機体の膨張率は数千倍、それがかなり同時期に一期に来た生かした場合は、その膨張率からかなり大規模な爆発が発生する。これが、何らかの振動、つまりマイクロウェーブなどによって、振動が加えられ、CCSが融解した場合、日本は、原発事故以上の大爆発が起きるということになるのである。またそれが二酸化炭素であるということは、当然に「酸素がない」ということになるので、生物もあまり生きてゆけない(一時期呼吸困難になる程度かもしれないが)であり、なおかつ、家財が起きない(酸素がないので燃えない)ということになる。かなり完ぺきに地震に近い内容が生まれるということになるのであり、同時に初動対応が二酸化炭素の飽和と上訴湯によってできないということになるのである。
  このように「新規性の情報の開示」というのは、ある意味において、「敵国にとってはありがたい情報」ということになりかねない。そして鳩山由紀夫氏がそれを意識して使っている場合、または、意識していないが「いちゃっている人の発言を強引に解釈して神の予言に結びつけるような人物」であるという場合は、かなり日本の安全保障上の危機情報になるということになるのである。
  じっさいに、ネットでそこまでのことを考える人は少ないと思うが、まさに、そのような陰謀に発展する可能性のあるない世づえあるということになるのではないだろうか。

|

« 共産党政権が「武力を持ってでも統一する」としている台湾の総統選選挙の激化 | トップページ | 【土曜日のエロ】 女性ファッション誌に書かれた「人妻になってから持てる」という不倫の告白の解釈論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <現代陰謀説> この鳩山元首相の発言を「陰謀説」に入れてよいのかどうか迷ったが一応陰謀の中の一つとして考えてみるとこうなる:

« 共産党政権が「武力を持ってでも統一する」としている台湾の総統選選挙の激化 | トップページ | 【土曜日のエロ】 女性ファッション誌に書かれた「人妻になってから持てる」という不倫の告白の解釈論 »