恋愛

【土曜日のエロ】 ロボットとエッチをするという時代になってきた性産業の現場

【土曜日のエロ】 ロボットとエッチをするという時代になってきた性産業の現場
 毎週おなじみの土曜日のエロの日になった。やはりこのエロの文章はなかなか良い。昨日の内容などは北朝鮮のミサイルに関して書いたのであるが、そのようなことよりもはるかに、こちらの方ア良いのである。なんと、この文章を書く日に限って、実はひるん1時から飲んでいて、かなりアルコールが回っている。そういえばそのゆオなときに土曜日のエロを書いた時もあったと思う・文章そのものの内容に関しては、そんなに狂いはないのだるが、やはり、ミスタッチに関しては、格段に多い。という気がしてならないのである。ということでかなり今日の文章は大変なものになりそうな気がするのであるが、それでもこの土曜日のエロに関しては良いんではないか。まあ、間違って読まれたとしても、まあ、エロの文章なので、最悪でも私の人格が誤解されるだけであるということであれば、それはそんなに大きな問題にならないのである。
  まあ、普段、私が主張している「責任ある文章」に関して、このエロの文章だけは、「責任がなくてもよい文章」であるということが言える。男性同士の会話で最も当たり障りのないのが「女性の会話」それも「猥談」である。仕事の話や家庭の話、金の話に関しては、全て「自慢話」にしか聞こえなかったり、あるいは、業務の目霊になったりする。これに対して、猥談であれば、誰かの妻と浮気をしたとかあこがれの女性を奪ったという話でない限り、基本的には男性同士では敵対的関係になるようなことはない。というのも、男性が吹く数人集まった場合、女性の趣味が同じということでもなければ、その女性と何かがあっても、それは「興味」であって、「嫉妬」にはならない。つまり、猥談の対象の女性が特定の女性ではない限り、男性同士の会話において猥談は最もお互いが傷つかない共通の話題ということになるのである。そのように関得た場合、もちろん、飲み仲間の潤滑油として、このエロ話が最も良いのではないかという気がしてならないのである。
  そのような話の中、今日のエロ記事は「ラブドール専門店」ということ、つまり、「女性を特定しない」のではなく「そもそも女性ではなく人形」であるということになるのである。
ラブドール専門の売春宿が営業開始 性産業の現場ではロボット革命が起きていた
 これまでにない売春宿が出現した。バルセロナの会社が、ラブドールのみの売春宿を始めた。
 「斡旋所」の客は127ドル(約1万4500円)を支払い、1時間セックスの手ほどきを受けられる。巨乳の「ルミ・ドール」4体から1体を選べる。ブロンドのケイティ、アジア人の特徴を持つリリ、褐色の肌のレイザ、アニメモデルのアキだ。アキは、ブルーの髪をポニーテールにしている。
   なぜラブドールなのか?
 まず、シリコンのラブドールは、所持するには非常に高価だ。安くとも5500ドル(約63万円)はする。言うまでもなく、家に置くと恥ずかしい。さらに、人形とセックスすれば不倫にならない。
 「彼女たちは、動き、『感触』ともに本物の人間と変わりありません。際限なく、すべての欲望を叶えます」と、ルミ・モデルのウェブサイトは保証している。
   現在バルセロナの売春宿に在籍しているルミのセックス・ドール「ケイティ」。
 ウェブサイトによると、客は、バルセロナのダウンタウンにある建物の一室で「相手」と出会い、衣服と、さまざまな体位を要求できる。人形は、使用後に殺菌処理される。客はコンドームを着用しなければならない。店によると、売春宿にはすでに数人から予約が入っていると話している。
 このスペインの売春宿は独特なようにみえるが、ラブドールは成長産業だ。本物と変わりない、表情のないシリコン人形をセックス相手とする人が増えているからだ。
 これは、性産業界で起きている革命的な変化の始まりでしかない。SFテレビドラマ『ウェストワールド』に似た世界へ全力で突っ走っているようだ。『ウェストワールド』では、本物の人間とほどんど変わらないロボットが、人間の本能的な欲求に応える。
 現在の人工の「お相手」はどれも、変貌を遂げようとしている。本物の人間の姿と変わらない人形から、ロボットに近いものもある。SFモデルは、1万5000ドル(約170万円)以上するが、2018年初めには市場に出回るかもしれない。SFモデルは、言葉が話せるし、感情を表現できる。
 カリフォルニアに拠点がある「リアルドール」社は、「丹念に手作りされた世界最高品質のアメリカ製ラブドール」を謳っている。この会社は「ハーモニー人工知能(AI)」モデルを制作している。12の特徴に基づいて、ユーザーが性格をプログラムできるものだ。恥ずかしがり屋からウィットに富んだ性格までさまざまで、容姿もカスタマイズできる。シミやそばかすまで作れる。
 リアルドール社はまた、ロボットの男性バージョンも提供する予定だ(現在、男性のラブドールがある)。ロボット・ドールは、アプリでコントロールできる。料金は定額制で支払う。
 「デジタル・トレンド」によると、アプリは2017年夏までに準備され、ロボットのヘッド部分が2017年末までに完成する。
 「現在、ハーモニーAIを開発しています。人間とリアルドールの製品との関係に、新しいレイヤーを加えるものです」とリアルドール社のCEOマット・マクマレン氏はデジタル・トレンドに語った。「お客様の多くは、かなりの部分を想像に依存し、人形に想像通りの性格を求めています。ハーモニーAIを使えば、そうした性格を実際に作り出すことができます。もう想像しなくていいのです」
 マクマレン氏は、ハーモニーAIが相互の会話を理解し、時間をかけて人形の所有者を「学ぶ」ようになり、必ずしもセックスに限らず活躍することを思い描いている。
彼は、ハーモニーAIは現実の関係で苦しんでいる人を助け、「未知の領域」を探索する方法を提供する、と信じている。
ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。
The Huffington Post Japan 20170304
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/04/sex-doll_n_15151030.html
 リアルな人間を相手にするのではなく、リアルに近い漢字のロボットを相手にするという感覚。この感覚が、「結婚」や「恋愛」を対象にしたものであれば、非常に大きな問題だ。つまり「子供」ができないかである。しかし、その対象が「遊び」「不倫」である場合、これは「子供ができない」ということが最も大きな売りになるのである。
  私が大連にいた時に、中国は当時一人っ子政策であり、そのために、もう結婚して子供ができてしまった女性は、子供が埋めなくなるように手術をしてしまう人が少なくなかった。もちろん、大連のマイカルにはそのような女性が少なくなかった。その結果どのようになったのかといえば「子供ができないから浮気してよい」ということになったのである。私などは、「私は子供ができないのだから今晩どうですか」とか「子供ができないから安心してできるのに、何も手を出してくれないのは、私が嫌いだから」などといわれることも少なくなかったのである。もちろん、子供を産めなくなった女性がロボットと一緒であるといっているわけではなく、中国の女性が「子供ができないということを売りに誘ってきたという経験がある」ということになる。
  このことは上記にも、「言うまでもなく、家に置くと恥ずかしい。さらに、人形とセックスすれば不倫にならない。」<上記より抜粋>というものであり、特に大きな問題があるものではないのである。
  そのように考えた場合、「遊び」の世界では「ロボット」というのはある意味において有効な手段なのかもしれない。もちろんその中で反応を示してほしいときは「ハーモニーAIを使えば、そうした性格を実際に作り出すことができます。」<上記より抜粋>だそうだから、そのAIの性能によっては良いのかもしれない。
  しかしである。では「ロボットの売春」に行きたいかといわれれば、「NO」である。やはり人間がいい。
  どうも私は「アナログな人間」であり、またこのような人間関係においても「AI」で作り出される予定調和的な内容よりも、意外性などが重要な要素ではないかというような気がしてならない。その中に何らかの波長が合うということが最も良いのであり、ロボット相手であると、面白くないのではないかという気がしてならない。何よりも電池切れでは全く面白くない。しかし、ある意味において「二次元オタク」などと変わらない状況であり、そのリアル版の触れる相手ということになるのだから、そこはそのような趣味の人には良いのか、ということに理解は示す。まあ、「アニメファンの前で、私はリアルな方が良い」といっているようなもので、基本的には、個人の趣味のもんだである問うことになるのかもしれない。
  まあ、そのような「趣味の問題」と片付けてしまっても、「風俗営業店」であれば、私のようなアナログ人間は行かなければよいわけであり、当然に趣味の世界になる。それこそ、最も良い話なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【土曜日のエロ】 今日はクリスマスイブであるから、利用することも最近では全くなくなったラブホテルについて書いてみよう

【土曜日のエロ】 今日はクリスマスイブであるから、利用することも最近では全くなくなったラブホテルについて書いてみよう
 今年最後の「土曜日のエロ」ということになる。さて今年、実は当初「一年エロを続けられるか」というのは非常に疑問であった。私がいくら書きたくてもニュースでエロを扱ってくれないと、一応「ニュース解説」をしている感覚からすると、ニュースになっていない内容は書くことができないのである。そもそも、「エロを一年毎週書いてゆく」などというのは、そもそもいかがなものかというような価値観の問題もあるし、また、そのようなニュースを取り上げるというのも実ははばかられるところではないかと思う。そもそも、読者の皆さんから、「いい加減にしろ」というようなすさまじいバッシングが来るのではないかというような気がしていたのだ。
  しかし、まあ、ありがたいことに「女性人権団体」などからのクレームも一回もなく、それどころか、女性の「土曜日のエロが良い」というような意見が意外と少なくなかったというのが以外であった。
  実際に、「既婚者数」や「彼氏彼女がいる」などのアンケートをとると、男性も女性も徐々に減少傾向にあり、一つには二次元のファンが多くなるのと同時に、「実物の人間に対する恐れ」のような「敬遠」が少なくないのではないか。基本的に「経済的理由による少子化」だけではなく「男性の草食」とか「女性の社会進出」とか、さまざまな複合要因、もっと端的に言えば「社会の変化の中において性的欲求が表に出にくくなった」というような感じがしてならないのである。
  そのような中で「エロ」を基軸に、毎回書こうと思っている。もちろん「もろに性行為」につながるのではなく、まあ、一応文学者的に「人間の性行為という秘められた欲求から鋭くその本質を抉り出す」などということを書けば、なかなかかっこよいのであるが、残念ながら、そこまでかっこよい文章を書いているわけではないことは十分に承知している。しかし、まあ、「官能的」とか「性的刺激を求める」のではなく、そのようになった内面を見てゆき、そこに風刺されて出される社会の縮図のようなものが見えてくればよいと思っているのである。
  さて、その意味において「クリスマス」というのはなかなか面白い。そもそも、日本肉はクリスチャンの人口はほんの一握りしかない。しっかり先例を受けたような人は200万人程度ということになっていて、そんなに多数派ではないのである。
  しかし、それでもクリスマスというのは、戦後のアメリカ人の影響が大きくそのうえ、ハリウッド映画などにおいても、そのことを描くことが多くなるので、なかなか面白い。そもそも宗教の崇拝の対象であるはずのキリストの生誕を祝うはずが、いつのまにかプレゼントとデートの日となって、完全に宗教色が失われた火になっているのである。
  当然に、そのような日には、「ラブホテル」に行くカップルも少なくないであろう。そのラブホテル、もう行かなくなってかなりになるが、では、どうなっているのであろうか。
ラブホテル業界で急速に進む「二極化」の実態
 少子化、セックスレスなど環境変化の荒波にもまれているレジャーホテル(ラブホテル)業界が、新たな活路を見出しつつある。いかがわしい雰囲気を醸し出すいわゆる昔ながらのホテルはジリ貧傾向にある一方、女性目線を意識した洗練されたホテルは特に若いカップルに人気で、2極化の様相を呈している。
 ここでいうレジャーホテルとは、風俗営業法で規定された「4号営業ホテル」と、その規定条件に当てはまらない「新法営業ホテル」の2つを含んだ意味で使われることが多い。かつてはラブホテルと呼ばれていたが、業界はイメージ向上のためレジャーホテルという呼称の定着に努力してきた。
 主な客層は3パターン4号営業ホテルは誰にも会わずにチェックインや精算ができるシステムなどを備えた施設で、店舗型性風俗特殊営業の4号営業に分類される。一方の新法営業ホテルはフロントに立ったスタッフが客に対応、レストランなども備えている。男女がデイユース(休憩利用)もできるが、女子会の利用を訴求するなどその他の目的にも応じている。
 レジャーホテルの主な客層は大まかに3パターンに分けられる。不倫カップル、デリヘルなどの風俗嬢とその客(風俗利用)、若いカップルだ。このうち不倫カップル、風俗利用は人目につかないことを重視するため4号営業ホテルを利用する。一方、若いカップルは新法営業ホテルを選択するケースが増えているという。
 人気の新法営業ホテルに共通する特徴は、外観から内装まで洗練されたおしゃれな作りでいかがわしさがないこと。たとえば備品から音楽、香りまでバリ島の雰囲気を醸し出すように統一し、まるで高級リゾートホテルにいるかのような印象を与えるようなホテルだ。
 こうしたホテルが若者にウケる理由について、ホテル評論家の瀧澤信秋氏は、「昔のラブホテルは男性目線で直情的な雰囲気が好まれた。しかし最近の若いカップルは女性の意見が尊重される。男性にとっても女性にまた来たいと思われるようなホテルを選ぶことは理にかなっている」と言う。新法営業ホテルではフロントでスタッフと対面、他のカップルとも鉢合わせするが、「まったく気にする様子がない」(瀧澤氏)。
   数十種類のシャンプーを用意
 こうしたホテルが取り入れている”女性目線”は徹底している。たとえばシャンプーバイキングというサービス。数十種類ものシャンプーが取り揃えられ、自由に選ぶことができる。「家で使っているものと同じシャンプーを使いたい」、あるいは「新しいシャンプーを試してみたい」という女性のニーズに応えたものだ。またドライヤーもノーマルタイプ、カール用、アイロン用など数種類が置かれている。その他にも浴室テレビ、ビデオオンデマンド、カラオケ、サウナなど部屋の中は至れりつくせりの設備が整っている。
 高級ホテル顔負けのサービスが、なぜ新法営業ホテルでいち早く導入されたのか。それには、人的サービスが限定されるという事情が挙げられる。基本的に利用客は部屋で過ごす時間が長く、その時間を楽しく快適なものにするには設備やアメニティに力を入れる必要があったのだ。
 では4号営業ホテルの状況はどうか。店舗数の推移を見ると、風営法が改正された2011年の6259店から2014年は5940店と減少傾向にある(警察白書)。その理由は、少子化による若年層の減少、セックスレス傾向に加え、「都市部で一般ホテルとの競争が激化しているため」と瀧澤氏は指摘する。
 それを象徴するのが、日本の三大歓楽街の1つ、新宿・歌舞伎町の動向だ。ここでは一般ホテルもデイユース(休憩利用)プランを用意しているケースが多い。「業態間の境界線が曖昧になり、休憩利用客を取り合っている」(瀧澤氏)。
 もっとも4号営業ホテルは、利益を上げやすいビジネスでもある。一般的な利用単価は6000円程度と安いが、1日1室当たり2~3組、繁盛店ではそれ以上と回転率を上げることができれば最終的な利益は大きくなる。
   リニューアルしようにも融資がつきにくい
 ホテルバリアンリゾートではドリンクなどの飲み放題サービスを提供(写真:瀧澤信秋)
問題は客をいかに呼び込めるかだ。都市部では先述のように若いカップルは新法営業ホテルに流れがち。一般ホテルとの競争も激しくなっている。リニューアルで対抗しようとする場合、資金がネックとなる。4号営業ホテルは金融機関の融資を受けにくいという事情があり、基本的に自己資金で賄わなければならない。
 法律の面でも、さまざまな厳しい制約がある。そもそも4号営業ホテルは現在新築することはできず、すでに存在している店舗のみ営業が許される既得権ビジネスだ。4号営業ホテルとして大規模な改築や増築を行なうこともできず、ビジネスホテルに業態転換して建て替えるケースもある。こうした厳しい環境が4号営業ホテルの減少につながっているといえる。
 もっとも、不倫や風俗利用など、4号営業ホテルには一定の需要が根強くあることはたしか。また法律の許す範囲内でリニューアルをして人気を保っているホテルもある。新規に建設できないことを逆手に取り、勝ち残りさえすれば希少性の高さがウリになって残存者利益を享受することもできるだろう。
東洋経済オンライン 20161217
http://toyokeizai.net/articles/-/147709
 なぜ「ラブホテルがどうなっているのか」ということが気になるかといえば、当然に「カップルの減少」ということである。カップルが減少すれば、当然にラブホテルなどの利用客数が減るということになるのは当たり前であろう。ただでさえ少子化で徐々に人が減っているのに、「エロ」のイメージのついたホテルの利用をできるのかというような感じがしてならない。要するに「そのような前世代的なイメージのあるホテルが、どのように生き残りをしているのか」ということが、非常に興味があるのだ。
  といっても、まずは「利用者の少なさ」というのは、いくつかのパターンがある。例えば、バブル時代には、行為をするのにラブホテルではなく「高級シティホテル」が使われた。横浜のインターコンチネンタルホテルなどは、このクリスマスの時期に予約が取れないので有名になったほどだ。しかし、それも昔話である。その後バブル崩壊と同時に、そのようなことはなくなり、男性は委縮して女性の社会進出と相まって、徐々に少子化が話題になったのである。
  さてラブホテルといえば、そもそも、中で行うことは一つしかないので、そこから出てくるだけで、そのようなイメージになってしまう。特に芸能人がそのようなところで写真を取られたりすると、かなり大きなイメージダウンになるというようになったことなどもあり、なかなかそのようなホテルの利用者がいなくなってしまった。
  同時に、現在で派食事やカラオケなども「おひとりさま」というように、当然に「住んでいる場所も一人」であることから、何も高い金を払ってラブホテルを使う必要がない。男性の一人部屋に上がり込めば済む話なのである。そのように考えれば、ラブホテルそのものの需要が少なくなるのである。
  さてこのような中で「ラブホテル」が二極化しているという。
  「昔のラブホテルは男性目線で直情的な雰囲気が好まれた。しかし最近の若いカップルは女性の意見が尊重される。男性にとっても女性にまた来たいと思われるようなホテルを選ぶことは理にかなっている」<上記より抜粋>
  まさに、この感覚、「女性目線」とでもいうのであろうか、この内容が、非常に大きなポイントになっているというのである。
  まあ、世の中でもわからないことはない。デパートなどに行っても女性服の多いことは紳士服売り場の何倍もの面積になっている。また、女性の方が購買意欲が大きくそのために、女性、特に若い女性の購買欲を刺激することが最も商売につながる。しかし、そのことは、かえって「男性の貧困化」を招き、より一層「おひとりさま」を増殖させることにつながるのである。そのような「女性目線」が、ラブホテルの方にまで来ているというのは、なかなか衝撃的な事実なのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)